トイレ洗面等設備

和風両用便器からの便器交換取付

既存の和風両用便器既存の和風両用便器です。

簡易的に現在主流の
腰掛便器にしてありますが、
やはり使い勝手は今一つです。

トイレに入るとまず床が14cm下がっているので
足元が危なくないか注意する必要があります。
また、奥の便器の床面はそこから28cm上がっています。


↓モルタル打ち
モルタル打ち和風両用便器からの便器交換取替の場合
この工程が必ず必要です。

床面を一旦壊してからモルタルを打ち
床面をフラット(平ら)にしました。
レベル(水平)を確認しながら仕上げます。

トイレの手前のダイニングキッチンと
ほぼ同じ高さの床面になっているので
床を気にすることなく
トイレに出入り出来るようにしました。


↓便器便座交換取付
TOTO(トートー)ピュアレストQRお客様の備品が
既にセットされている画像ですが、
クッションフロア(CFシート)
(シンコールポンリュームE8061コルク調)を張って
巾木(栂(ツガ)にステイン仕上げ)打ってから
便器便座取付しました。
TOTO(トートー)のピュアレストQRです。

ピュアレストQRはTOTOのスタンダードな
組み合わせ便器
(ロータンクと便器・便座の組み合わせ)です。
タンクCS220BM#SC1と便器SH220BAS#SC1に
普通便ふた付き便座TC291#SC1を付けています。
タンク裏の止水栓も位置変更が必要なので
TS220FUXにしています。

従来の大1回が水量15L前後だったのに対し
ピュアレストQRは大4.8L(小3.6L)と
1/3の節水になります。
もちろん快適性も大幅アップです。

機能面からも快適性からもおすすめです。


リンク:TOTO(トートー)>>商品を選ぶ > トイレまわりの商品 > 超節水便器 GREENMAX > お宅のトイレは何リットル?
ご自宅のトイレが何Lかぜひ調べてみて下さい。
いかに現行のものが節水になっているかよく分かると思います。

リンク:シンコール 床材ポンリュームプロ リニューアル
クッションフロア(CFシート)をこちらからセレクトしています。

現場:マンションRIの1戸(3回目以上のご依頼)
関連記事

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック