窓→シェードカーテン

プレーンシェード交換取付・クリーニング

既存のドレープ・レースのプレーンシェード既存のドレープ・レースの
プレーンシェードです
(ローマンシェード・シェードカーテン
のスタイルで一番シンプルな定番スタイルです)。
ダブルではなくシングルが2台です。

共にコード式(紐式)の操作方法です。


↓レースのプレーンシェード交換取付
シンコール AZ-6582の生地でプレーンシェードレースのプレーンシェードは
メカ・生地共に新しくしました。

生地はシンコールの
AZ-6582
シンプルなボイル地です。
レースが新しくなると
爽やかですね。


TOSO(トーソー)クリエティ ドラム式プレーンシェードのメカは
TOSO(トーソー)クリエティ
ドラム式です(ホワイトメカ+
クリアホワイトボールチェーン)。

お好みで選べますが、
操作のしやすさや耐久性から
ドラム(チェーン式)
がおすすめです。
昨年末に内蔵の
スピードコントローラー改良で
幕体の降下がゆっくりになり
より使いやすくなりました。


クリーニングしたドレープのプレーンシェード他の窓にも
同じドレープ生地で
プレーンシェードがあるため、
ドレープ生地の方は
クリーニングしました。

窓周りに特化した専門の
クリーニング技術で
さっぱりしました。


リンク:シンコール カーテン見本帳「abita ZIONE2011-2013」(アビタ)発行
現場:マンションのお客様(初めてのご依頼)
関連記事

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック