窓→シェードカーテン

ローマンシェードの操作をドラム式(チェーン式)へ交換して取付け

コード切れのローマンシェード(シェドカーテン)シャープシェードの
ローマンシェード(シェードカーテン)の
操作コード(紐)が切れてしまい、
操作出来なくなっていました。

同じ部屋にあるカーテンは
ローマンシェードと同じ生地
になっています。


↓操作をドラム式(チェーン式)に交換して取付け
TOSO(トーソー)クリエティ ドラム式(チェーン式)へ交換して取付け壊れにくくとのご要望もあり、
操作をコード式から
ドラム式(チェーン式)へ交換して
取付けしました。
ドラム式の方が、
コード式に比べ断線になりにくく、
丈夫です。

お部屋にある
同じ生地のカーテンとのバランス
を考えても、
今回は操作メカ部分の交換のみが
良かったと思います。


ウェブカタログ:TOSO(トーソー)→製品一覧・WEBカタログ→ローマンシェード(WEBカタログ)のP74クリエティドラム
現場:マンションのお客様(初めてのご依頼)
関連記事

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック