奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
施工前の押入れ賃貸の戸建て物件で
洗濯機置き場が室外にあるのがネックなので、
どうにか室内で洗濯出来ないかと
ご相談がありました。
また、価格もなるべく抑えて、
工事を出来るだけ少なくする必要もあります。
そこで、押入れの中に、
洗濯機置き場を新規作成することを
ご提案しました。


↓解体、給水・排水・電気配線工事
解体、給水・排水・電気配線工事押入れの左半分だけを
洗濯機置き場にするので、
必要な解体をして、
家の外壁沿いに
給水・排水・電気配線したものを
引き入れています。 
コンセントは既に付けていますが、
止水栓は造作があるので
一時止めにしてあります。


↓間仕切り壁、下地壁造作
間仕切り壁、下地壁造作新たに間仕切りの壁と、
壁下地を作っています。
また、床板もそのままだと弱いので、
新しく合板を張っています。


↓緊急止水弁付横水栓・洗濯機パン新規取付
緊急止水弁付横水栓・洗濯機パン新規取付周りの壁を
壁紙(クロス)で仕上げてから、
緊急止水弁付横水栓・
洗濯機パンを新規取付しました。

緊急止水弁付横水栓は
万が一洗濯機ホースが抜けると
自動で止水します。
洗濯機パンは、
ドラム式洗濯にも対応している
幅800mmサイズのものにしています。


半分になった押入れ向かって右側の
半分になった押入れです。

中板を外して
衣類を収納する
クローゼットにしようかとも
思ったのですが、
畳のある和室。
布団の収納が必要なので、
中板はそのまま再利用しました。




住宅用分電盤交換取付(ブレーカー交換取付)洗濯機置き場
新規作成に伴い、
電気配線工事もあったので、
一緒に住宅用分電盤(ブレーカー)も
交換取付しました。

漏電遮断機(漏電ブレーカー)
付きになったので、
万一漏電した場合でも、
すぐに漏電ブレーカーが落ちるので、
安心です。


現場:戸建て(3回目以上のご依頼)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://interior-yamada.info/tb.php/470-3609ff8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック