大工工事、木加工

断熱材施工

カネライトフォーム(ポリスチレンフォーム)断熱材の
カネライトフォーム
(ポリスチレンフォーム)です。
壁の中に組み込むことで、
断熱性を高めることが出来ます。
価格、施工性共に人気があります。

今回、壁紙張替(クロス張替)に伴い、
ダイニングキッチンと和室の一面の壁に
断熱材を施工します。


断熱材施工前和室和室です。

既存の壁紙(クロス)は
既に剥がしてあります。

畳も上げています(表替します)。
後日ご紹介しますが、
断熱材を入れるために壁が出てくるので、
その分畳を小さくします。


断熱材施工前和室アップ上記の画像をアップにした画像です。

縦と横に新しい角材が入っています。
壁が断熱材の分出てくるので、
見切りも新しく必要になるので
取付けています。


断熱材施工完了断熱材の
カネライトフォーム
(ポリスチレンフォーム)の
施工が完了しました。

この後、一面を張って、壁にします。
その後壁紙(クロス)を張ります。


マンションのお客様(初めてのご依頼)
前:サニタリースペースリフォーム3 浴槽、サーモスタット混合栓、壁掛洗面器交換取付
次:壁紙張替(クロス張替)
関連記事

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック