奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
ドレープカーテンを閉じたところ新規でカーテンレール取付後に
同じく新規で
ドレープ・レースのカーテンを
取付けました。
ドレープカーテンは
お客様のイメージをお聞きし、
数点ご提示したものの中から
お選び頂きました。


ドレープカーテンとレースカーテン(鈴寅のMASA)防寒対策1
レースカーテンは
鈴寅MASAカーテンです。
遮熱効果で有名ですが、
これからの季節にも最適です。
冬場は暖気をより逃がしにくく
保温効果があります。
また蓄熱効果により
結露防止にもつながります。


簡易的リターン仕様防寒対策2
ドレープカーテンを
簡易的にリターン仕様にしています。
通常は、ドレープカーテンは
手前のカーテンレールのみに
取付けますが、
最後を奥のカーテンレールに
取付けるようにして、
カーテンレールの横の部分を
覆います。
防寒対策・装飾性の
両方の意味合いがあります。
尚、今回はご希望で簡易的ですが、
本来のリターン仕様にすると
さらにスッキリした感じに出来ます。


カーテンの丈を長めに作って防寒対策防寒対策3
窓のすぐ近くにベッドがあります。
腰窓なので、
窓の下部分はベッドのヘッドボードの
上までなのですが、
ドレープ・レースカーテンの
丈を長めに作って
冷気をベッドの下に
逃がすようにしてあります。


マンションのお客様(初めてのご依頼)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://interior-yamada.info/tb.php/318-6efd6b29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック