奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
ウッドブラインド(木製ブラインド)及びウッドシャッターの

専門メーカーのナニック(Nanik)社。

以前より国内メーカーとしての

取り組みに注目していましたが、

3回目のハウスオーガン(PR紙)が出たタイミングで

1~3回までのそれぞれの部分記事を元に

補足しながらご紹介します

(画像はクリックで拡大します)
(下記の画像含めて全てナニックHPで実際のPDF紙がご覧頂けます)。

リンク:ナニック

リンク:ナニック 「Wood LOUVERS Vol.3」発行 特注色の発注方法を解説
online interior bussiness news



「Wood LOUVERS Vol.1」


「Wood LOUVERS Vol.1」

1回目はナニックの会社の説明です。

〇コードなどの消耗品を

定期的にメンテナンスすれば

カーテンなどに比べてよりずっと長い耐久性がある。

〇元々はアメリカの製品を輸入していたが

国内生産ほぼ100%(埼玉県戸田市)になった。

「国内生産を1工場で生産しているのが大きなポイントです。」




「Wood LOUVERS Vol.2」

「Wood LOUVERS Vol.2」

2回目はウッドシャッターの説明です。

ブラインドに比べて後発なのですが

特に最近力を入れている感じがします。

ブラインドと扉が合わさったような感じで

窓にはもちろん扉としても

様々なシーンに合わせることが出来ます。




「Wood LOUVERS Vol.3」

今回の「Wood LOUVERS Vol.3」

特注色について説明しています。

ナニックシリーズには

73色もの標準色があるのですが

それ以外でも自分の好みのオーダーの色を

作ることが出来ます。

驚くことは非常にリーズナブルな価格で

1台から作ることが出来ること。

テストサンプルも

非常に丁寧に複数作ってから選べるので

安心です。


特注色が出来ることは私も知っていましたが

これだけリーズナブルで丁寧なことは

今回初めて知りました。

1工場で一貫して専門メーカーとして

存在しているからだと思います。

やはりウッドブラインド・ウッドシャッターを考える場合

ナニックを外しては考えられないと思います。




業界ニュース:ウインドウトリートメントメカ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://interior-yamada.info/tb.php/1577-eeb9bd79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック