窓→カーテン

リネン(麻)の生地でナチュラルテイストがおすすめ♪

コルティナ リナス

コルティナのリナスで

のれん(パイプ通しカーテン)を作ります。

リナスは自然素材(リネン(麻)100%もしくはリネン+コットン(綿)の

カーテン生地シリーズです。

日本のほとんどのカーテンはポリエステル(合成繊維)ですが

リネンにはポリエステルにない風合いが最大の魅力です。

今から出来上がりが楽しみです♪。


クリック→→コルティナ リナス←←クリック



もう少し深く:

自然な風合いや

ポリエステルのような帯電性がなく汚れにくいのが

メリットですが

デメリットは自然に伸縮し(伸びることが比較的多いがその逆もある)

洗濯すると大きく伸縮します(縮むことが比較的多いがその逆もある)。

掃き出し窓など(床まである窓)は

海外が床に引きずるように作ることが多いのに対し

日本は床上1cm~2cmくらいにすることがほとんど。

そのため生地の伸縮がクレームになりやすいと言えます。

床に引きずるのがNGとなったり床上からかなり短いとおかしいためです。


ただそこを考えて

掃き出し窓では床に引きずるように作る(ブレイクする)

腰窓(腰くらいまでの高さの窓)や

今回ののれんのように間仕切りの目隠しで作るなど

上手く活用すると生地の選択も大きく広がります。

憧れのナチュラルライフも

生地の特性を掴んでいれば難しくないのです♪。

関連記事

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック