建具→襖

襖(ふすま)張り替えのデザインについて

魚の捌き方教室

息子と魚の捌き方教室に行ってきました。

講師は元魚屋さんの方です。

やはりプロの手さばきは見事で

とても勉強になりました。

やはりこういったことは習うより慣れろ

まずはやってみることですね♪。


それでは、本日のご紹介です!。


景勝No.107

襖(ふすま)の張り替えです。

こちらのお宅の分はルノンの景勝より

No.107で張り替えています。


襖の張り替えは

無地や全体的に柄のある総模様のご依頼が多く

次いでこのように腰模様(裾柄)が多いですね。





山水No.408とNo.412

別のお宅の分です。

それぞれルノンの山水で

奥側がNo.412、手前側がNo.408です。


襖のデザインは基本的に腰(引手のある中心)より

下側にあることがほとんどで

NO.408のように上部にだけ柄があるのは珍しいです。

桜が舞う様子を表現しているデザインです。

関連記事

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック