奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
TOSO ネスクティ プレーンホワイト色

リノベーション(フルリフォーム)済みの2F建ての戸建てです。

それぞれの窓にカーテンレールを取り付けました。


下地がある場所で

なるべく窓枠よりも上部を探したところ

こちらの位置で取り付けています。


カーテンレールは

TOSO(トーソー)のネクスティのプレーンホワイト色です。




現場:戸建てのお客様(2回目のご依頼)



おまけ:本日の雑記
[定番のカーテンレール・TOSO(トーソー)ネクスティのプレーンホワイト色]の続きを読む
C型レール 既存のC型の

 カーテンレールです。

 C型レールはこれ1色で

 見た目も合いませんし

 ランナーの動きもよくありません。

 価格の面のみのメリットで

 普及しています。



↓カーテンレール交換取り付け
タチカワブラインド ファンティア ブラウン(木目)

タチカワブラインドのファンティア

ブラウン(木目)色です。


窓枠の色に合わせていますので違和感がありませんし

ランナーの動きも滑らかです。


装飾カーテンレールと違い

ファンティアのような一般カーテンレールは 

C型カーテンレールとそこまでは価格も変わりません。

せっかくカーテンレールを付けるならば

ぜひこちらをおすすめします♪。



現場:戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)

↓今回の施工のまとめです↓

壁紙(クロス)・カーテン・カーペット・フロアタイルを施工しました
フェデ Z-17レール

内装インテリアの施工は明日もありますが

窓周りは今日が年内最後です。

以前はよく使っていましたが最近あまり使うことがなかった

フェデポリマーブル(旧SM工業)のZ-17カーテンレールです。

窓周りにお引越し先からお持ちのカーテンを掛けて新年を迎えて頂けます。

「杉田エース」とゆう建築金物メーカー(商社)主催で

毎年展示会を開催しているのですが(杉フェス

今年も行ってきました。




NASTA moi

こちらはNASTA(ナスタ)のブースで見かけた

クリック→北欧の天然木 moi(モイ)シリーズ←クリック

(上記リンク切れはこちらからどうぞNASTA

デザイン性と木の温もり感が目を引きました。




NASTA moi

最初の画像の右下に手すりがありますが

部材はそのままで

カーテンレールとして使っている

ディスプレイが面白かったです(参考出品)。


インテリアはアイディア次第で色々楽しめます。

そういったことを再発見した1日でした。

今日はTOKIOの山口達也メンバー

(メンバーって表現するんですね)の

強制わいせつ容疑の話題で持ち切りですね。

まだ小学生ですが私には娘がいるので

その観点から思うところはありますね。

未成年の子どもは守らなければいけないと思います。


それでは、本日のご紹介!です。


カーテンレール交換取り付け

断熱材の施工に伴い

カーテンレールを取り外しましたが

新しいものにして再び取り付けました。

色は調和するようにダークブラウンのものにしています。


カーテンレールは壁面についてましたが

下地がないためかなり緩んでいました。

今回元々あった付け鴨居を断熱材の厚み分

ふかして(厚みを厚くして)

そこへカーテンレールを取り付けています。

こうしたことでカーテンレールが長期間の使用でも

ぐらつかなくなります。

こうしたことも最初にキチンと計画しています。



カーテンレール:タチカワブラインド ファンティア ダーク(木目)



原状回復工事プラスアルファ:1、断熱材スタイロパネル施工

原状回復工事プラスアルファ:2、洋間の壁にアクセントクロス、和室の天井に板目柄クロス:壁紙張り替え(クロス張り替え)

原状回復工事プラスアルファ:3、襖(ふすま)新規取り付け

原状回復工事プラスアルファ:4、下地を事前に作ってからカーテンレール取り付け←現在こちらの記事をご覧頂いています

原状回復工事プラスアルファ:5、窓台にダイノックシート貼り

原状回復工事プラスアルファ:6、畳表替え

原状回復工事プラスアルファ:7、レンジフード交換取り付け

原状回復工事プラスアルファ:8、洗面所とユニットバスの換気扇交換取り付け

原状回復工事プラスアルファ:9、ちょっと可愛いTOSOのコルトブラインド

原状回復工事プラスアルファ10、シューズボックス交換

現場:マンションDWの1戸(3回目以上のご依頼)
そういえば本日8/25(金)はプレミアムフライデーですね。

忘れてる方も多いような気がしますね…(汗。


それでは、本日のおすすめ!です。


タチカワブラインド ファンティア ファインホワイト(木目)


タチカワブラインド ファンティア ファインホワイト(木目)


タチカワブラインド ファンティア ファインホワイト(木目)

カーテンレールを取り付けました。

コストだけが特徴の

シルバー色のC型レールをご希望でしたが

操作性・インテリア性共にあまりよくないので

それぞれ少しのコストアップで取り付け出来る

おすすめのカーテンレールを取り付けました。


タチカワブラインドのファンティアより

ファインホワイト(木目)です。

木目のような感じもお部屋に自然に合います♪。


タチカワブラインド デリアス ホワイト

タッセル・タイバック(カーテンバンド)を掛ける

房掛け(ふさかけ)は

同じくタチカワブアインドのデリアス ホワイトです。




現場:マンションPKの1戸(3回目以上のご依頼)
2Fのプライベートスペースの

ロールスクリーンに続いてのご紹介は、

1Fのご来客のあるリビング・ダイニングルームです。

掃出し窓にはカーテンにするため

まずカーテンレールを取り付けます。


カーテンレールだけの画像がないため

カーテンレールのアップの画像を。

タチカワブラインド ファンティア ラスティホワイト(木目)色

タチカワブラインドのファンティアより

ラスティホワイト(木目)色です。


最近はインテリアの傾向として

ウッドグレイン・アッシュ系の

若干自然な風合いを感じさせるものが人気ですが

こちらはそれをカーテンレールで表現しています。

個人的にも好きな色でおすすめです♪。




現場:新築戸建てのお客様

新築戸建てのウインドウトリートメント(窓周り)をご紹介しています。

1、階段上の窓にロールスクリーン新規取り付け

2、カーテンレール新規取り付け(ラスティホワイト色)←現在こちらの記事をご覧頂いています。

3、カーテン新規取り付け

4、プレーンシェード+パイプ通しカーテン(カフェカーテン)取り付け

FACEBOOKのまとめページ(上記4記事を1つにまとめています)
大阪で助手席に乗った3歳児が

エアバックが開いた衝撃で

胸を強打して亡くなる事故が起きました。


小さい子供が

チャイルドシートを使わずに

助手席に乗るのは大変危険で、

アメリカでは助手席に子供を乗せることを禁止しており

『エアバッグは助手席の子供を殺すことがある』

と警告しているそうです。


子供はチャイルドシートを着用して後部座席へ。

忘れないようにしたいですね。



それでは、本日のご紹介!です。


タチカワブラインド ファンティア ミディアム(木目)色

椅子張替えに続き

続いて窓周りです。


和室にカーテンを取付けたいとのことで

まずはカーテンレールを取付けます。

タチカワブラインド ファンティアより

ミディアム(木目)色です。

窓枠の色に合わせてあります。



タチカワブラインド ファンティア ミディアム(木目)色

フィニアルは通常のキャップストップではなく

サイドカバーWR(木目)です。


一般カーテンレール(機能性カーテンレール)でも

フィニアルを変えることで

デザイン性を高めることが出来ます。






今回、施工させて頂いた内容です。

1、GANCEDO(ガンセド)の生地で椅子張替え(イス張替え)

2、カーテンレール新規取付け←現在、こちらの記事をご覧頂いています。

3、カーテン新規取り付け

FBのまとめページ:既存のカーテンから新しいカーテンへ

こちらに今回の施工のまとめを掲載しています。

今回のカーテンをお選び頂く工程についてもご説明しています。


現場:戸建てのお客様(リピーター様)
舛添都知事の辞任について

政治資金の流用も気になるところですが

私の勉強不足ではありますが

舛添都知事ならではの

都政の成果があまりよく分からないので

そこももっと分かりやすく報道してほしいなぁとは思ってます。


それでは、本日のご紹介!です。


タチカワブラインド ファンティア ブラウン(木目)色


タチカワブラインド ファンティア ブラウン(木目)色

それぞれのお部屋にカーテンレールを取付けました。

それぞれタチカワブラインドのファンティアより

ブラウン(木目色)です。

こちらは窓枠の色に合わせていて

いわばセオリー通りです。


一方、カーテンレールの取付け高さや幅ですが

出来るだけ窓ピッタリだけカーテンを付けたいとのご希望で

このような取付けになっています。

こちらはセオリー通りではないと言えます。


お客様のご要望をよく判断して

ベストな取付けを心掛けています。

セオリー通りだけが

ベストな取付け方法ではないと思っています。




戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)
既存のカーテンレール 既存の

 装飾カーテンレールです。


 ウッド調のカーテンレールで

 デザイン的にはいいのですが

 色が周りと合っていなくて

 雰囲気も重い感じがしますね。



↓装飾カーテンレール交換取付け
タチカワブラインド デリアスウォーム25


タチカワブラインド デリアスウォーム25

タチカワブラインドのデリアスウォーム25

ナチュラル(木目)色にしました。

フィニアル(カーテンレール端のキャップデザイン)は

フィニアルBです。


カーテンレールの色は窓枠に合わせることが多いですが

今回はお部屋でアクセントになっている

収納建具に合わせています。


カーテンレールの交換のみでカーテンは既存のままですが

お部屋の雰囲気が明るくなり

全体的なバランスも良くなったと思います。



タチカワブラインド デリアスウォーム25

エアコン側はフィニアルBだと大きすぎて

窓をカーテンで覆えなくなってしまうので

小さなプレーンフィニアルにしています。


カーテンレールとエアコンは干渉するものなので

カーテンレールを取付ける際には

必ず確認することの1つです。




現場:戸建のお客様(2回目のご依頼)
今日は1年で最も昼の短い冬至でしたが

今日は比較的暖かかったですね。

日中は外で作業をしていたので助かりました。


それでは、本日のご紹介!です。


UB内のテンションポール UB(ユニットバス)内の

 テンションポール

 (突っ張り棒)レールです。

 シャワーカーテンの開閉時に

 落ちてくることがよくあるそうです。



↓カーテンレール交換取付け
ニューローレット25ポール+ローレット木目25壁面ブラケット


ニューローレット25ポール+ローレット木目25壁面ブラケット

それぞれTOSO(トーソー)より

ポール(棒)はニューローレット25

エンドブラケット(壁面に取付ける部材)はローレット木目25

の組み合わせで取付けました。


メリット1、ネジで固定しているので落ちることがない。

メリット2、テンションポールはポールの太さの変わり目で

リングランナーが引っ掛かるが、そういったことがない。

メリット3、レールの耐久性が上がり、しなったりすることが少ない。


毎日使うものなのでやはり快適性は大切ですね。




現場:マンションRK(3回目以上のご依頼)の1戸
ハロウィン後の渋谷の街がゴミだらけになり

翌朝からボランティアで

ゴミを片付ける方々がいらっしゃいますね。

特に本来主役のお子様で

参加されている方々もいるそうです。

本当にお疲れ様です。

今後も継続していくなら

ルール作りが必要な時期に来ているようですね。



それでは、本日のおすすめ!です。


機能しなくなった紐引きカーテンレール
紐引きカーテンレール

リビングダイニングルームの吹き抜けです。

高さが4.8m程あるため

手でのカーテンの開閉がやりにくいため

紐引きのカーテンレールになっています。

紐を上下させることによって

カーテンを開閉する仕組みになっています。


ドレープ(厚地)・薄地(レース)側

それぞれの紐引きの紐のテンションがなくなって

垂れ下がっており機能しなくなっています。

旧ヨコタ社のものです(既に倒産しています)。




↓交換取付け
電動カーテンレール
ナスノスCR1010

NASNOS(ナスノス)の電動カーテンレール

CR1010へ交換しました。

こちらのモーターで動く仕組みになっています。

レースカーテン(薄地)は

いつもほとんどの時間閉めているとのお話しから

ドレープカーテン(厚地側)だけ電動にして

レースカーテンは普通のカーテンレールにしています。

必要な所だけ電動にしてコストを抑えます。

(ベランダから撮影)



ナスノスCR1010

モーターがない反対側はこのような感じです。

一見、通常のカーテンレールと同じように見えます。

(ベランダから撮影)




↓レースカーテン取付け
ナスノスCR1010


ナスノスCR1010

通常は手前側にドレープカーテンがきますが

まずレースカーテンだけ取付けてみると

このような感じです。

この状態でも

モーターもスリムな感じであまり目立ちません。

コードも今回はあまり目立たない

ご住居の位置関係なのでそのままです

(モールで壁面に固定してよりスッキリさせることも出来ます)。




↓ドレープカーテン取付け
ナスノスCR1010

ドレープカーテンを取付けると

モーターやコードは隠れてしまうため

全く気になりません。




リモコン
CS8100

シンプルなリモコン(CS8100)で操作します。

工場出荷時に

電動カーテンレール本体(CR1010)と設定されているため

特に設定操作なども不要ですぐに使うことが出来ます。


毎日のことなので

今回のように大きな窓の場合は特に

リモコン操作でカーテンが開閉するのは本当に便利です。

おすすめです!。





現場:戸建のお客様(初めてのご依頼)
先日、懸命に坂道を上っている

車いすの方を見かけたので(電動ではないようでした)

お声をかけて後ろから押させて頂きました。


恐らくご自分で上るよりも

後から押す労力の方が

ずっと少なくてすむように思いました。

こういったお手伝い

今後も機会があれば行いたいなと思います♪。



それでは、本日のご紹介!です。



タチカワ ファンティア ミディアム色

タチカワブラインドの

一般カーテンレール

(もしくは機能性カーテンレールと呼ばれています)

ファンティアよりミディアム色です。


ランナー(駒)の動きも良い

定番のカーテンレールで

色も11色あり

取付ける枠に近い色を選べるので

違和感なく取付けることが出来ます

(画像よりも実際は

もっとカーテンレールと枠が近い色の感じです)。




何回かに分けて

カーテンのお取付けについてご紹介しています。

現場:戸建てのお客様(2回目のご依頼)

1、カーテンレール新規取付け←現在、こちらの記事をご覧頂いています。

2、夏の暑さ及び西日対策に遮光カーテン

3、FISBA(フィスバ)のシアーカーテンについて
女子サッカーワールドカップ

決勝の日本vs米国

アメリカの怒涛の攻撃で0-4となりましたが

大儀見選手の落ち着いたターンでのシュートなど

その後2点を返しての2-5でした。


両チームの素晴らしい内容はとても良かったですよね。

個人的にはロイド選手のハーフライン上からの

ロングシュートがすごかったですね。


日本代表にとって今日の試合結果は

残念な結果だと思いますが

準優勝についてはおめでとうございます!

と言いたいと思います。



それでは、本日のおすすめです!。


既存のC型カーテンレール 3DKの間取りのお部屋の

 リフォーム工事の
  
 ご紹介の続きです。


 こちらは既存の

 C型カーテンレールと

 エアコンです。



C型カーテンレール C型カーテンレールは

 一般的なカーテンレールに比べて

 値段が若干安いものの

 操作性や

 インテリア性が

 今一つです。

 基本的には

 あまりおすすめしていません。



15061538.jpg


15061544_2015070416142259f.jpg

カーテンレールを

タチカワブラインドのファンティアにしました。


操作性が良く

C型カーテンレールには

ステンレスやアルミそのままの色しかありませんが

ファンティアには豊富な色がラインナップされているので

それぞれ合った色にすることが出来ます。

フロスティホワイト色とダーク色を選んでいます。



タチカワブラインド ファンティア

エアコンも

ダイキンのベーシックタイプのものへ

新しくしています。


日本の壁紙(クロス)のほとんどが

白いものが多いためだと思いますが

一昔前にはウッド色のエアコンなども見かけましたが

現在はやはりエアコンも白いもの

(もしくはベージュ色など)がほとんです。


インテリアのコツですが

逆にエアコンが白いのは変えられないので

エアコンがある面は白くそのままで

エアコンがない面をアクセントにすると

うまくまとめることが出来ます。





現場:マンションMWの1戸(3回目以上のご依頼)

何回かに分けてご紹介しています。

1、アクセント壁紙(アクセントクロス)を入れての壁紙張替え(クロス張替え)

2、ダークブラウンのシステムキッチン交換取付け

3、フロアタイルへ張替え

4、カーテンレールとエアコン交換取付け←現在こちら記事をご覧頂いています。
保育園・幼稚園のお子さんのお弁当に

アニメやご当地キャラなどに似せたものを

お母さん(お父さん)が作る

いわゆる「キャラ弁」ですが

最近は禁止にしているところが増えているそうです。


色々な理由があるそうですが

キャラ弁は制作に手間がかかり

より多くの時間と回数を食べものに触れて創るため

衛生面での懸念があるそうです。


また、表現を優先するあまり

栄養のバランスが行き届かないとゆうこともあるそうです。


個人個人のお考えももちろんあると思いますが

私としては頭には入れておきたいニュースの1つかなと思いました。


それでは、本日のおすすめです!。


TOSO(トーソー)エリート Nダークマホガニー色

カーテンレールを交換取付けしました。

正面から撮った画像がないので少し分かりづらいですね。すみません。


TOSO(トーソー)の

エリートのNダークマホガニー色です。

エリートは全11色ありますが

窓のフレーム枠に近い色を選んでいます。


基本はそのように選びますが

もちろんお好きな色をお選び頂くことも出来ます。


エリート説明

TOSO エリートの説明図です。


カーテンレールを隠すようにするカーテンの取付けの

正面付け(bフック)の場合

エリートならカーテンの吊元が「おじぎ」する角度が少ないので

カーテンをすっきり取付けることが出来ます。


TOSO(トーソー)エリート Nダークマホガニー色

こちらが実際にカーテンを取付けた画像です。


カーテンの内容やお客様のご希望によって

おすすめするカーテンレールを選んでいます。


もちろんランナー(駒)の動きもスムーズで

比較的リーズブルながら

おすすめの機能性カーテンレールです。


次の記事:レースカーテン交換取付

現場:和風建築
車でも移動出来るところなるべくなら自転車や徒歩で。
季節的にも今はいい時期ですね。
もっともらしいことを言ってますが
先日の健康診断で血圧がちょっぴり高めが気になってます(汗。

それでは、本日のおすすめ!です。


タチカワブラインド ファンティア マットホワイト色
マンションのリフォーム工事です。
前回までに内装仕上げ材の
壁紙張替(クロス張替)
リリカラ レイフロア施工(床材)をご紹介しましたが
続きましてカーテンレールをご紹介します。

交換取付けしたカーテンレールは
タチカワブラインドのファンティア マットホワイト色です。
機能性カーテンレール・一般カーテンレールとも呼ばれる
スタンダードなカーテンレールです。

特に新築の場合ですが
少しでもコストダウンするためにC型と呼ばれるカーテンレール
(レール断面がCの形のようでステンレス色のもの)がよく使われますが
インテリア性もなくランナー(駒)が引っ掛かりやすくあまりおすすめ出来ません。

ほんの少しの金額upで
インテリア性があり機能的なカーテンレールになりますので
当店ではこういったカーテンレールを標準にしています。


前の記事:リリカラ レイフロア施工(床材)
次の記事:キッチン交換取付

現場:マンションMWの1戸
(↑クリック)今回のリフォーム工事をFACEBOOKにまとめてあります)(3回目以上のご依頼
インターネット(Eメール)が全盛の昨今、
ビジネスにおいて
海外ではFAX(ファックス)を今だに使っている国はほとんどなく
新しい技術を学ぶ方々が少ないとゆうような感じで
日本は時代遅れ的な話も最近よく耳にします。

資源(紙)を無駄遣いしないとゆう昨今の世界のトレンドも含んで
確かにそういった面もあるかも知れませんが
FAXが使われているのは単にEメールよりも
便利なところも多いからだと個人的に考えています。
手書きならではの便利さや証拠になりえる点です
(例えば発注の間違えが起きた場合に原因が発注側か受注側か一目瞭然です)。

日本で独自に進化した感じの
ガラパゴス携帯電話(ガラケー)に対しての
スマートフォンにも似ているように思います。

便利かどうかは使う人それぞれ。
それぞれのニーズを掘り下げていくことが大事だし
これは私自身も常日頃
心掛けていきたいと思っていることです。

それでは、本日のご紹介!です。


TOSO(トーソー)セルフィ アルミアンバー色


TOSO(トーソー)セルフィ アルミアンバー色
和室にTOSO(トーソー)のカーテンレールの
セルフィのアルミアンバー色を新規取付しました。

セルフィは主にカーブ加工が必要な場合に使うカーテンレールです。
一般のカーテンレールと同様に真っ直ぐな状態で入荷しますが
現場でカーブ加工して使います。


現場:戸建てのお客様(FACEBOOKのまとめページ)3回目以上のご依頼
タチカワブラインド ファンティア ダーク色 サイドカバーWカーテンレールを
新規取付けしました。

タチカワブラインドの
ファンティア ダーク色の
サイドカバーWです。
窓枠に合わせたカラーです。

当店ではブラケットと呼ばれる
取付け金具(画像では5個)を
メーカーの指定個数よりも
多く付ける場合が多いです。
強度を考えてのセレクトです。


タチカワブラインド ファンティア ダーク色 サイドカバーWアップ全部で3部屋5窓の
カーテンレールを取付けていますが、
エアコンに幅ギリギリで付けている
部屋もあります。
上記の画像にありますが
もちろん反対側の
窓枠からカーテンレール幅の
出具合のバランスも考えています
(今回は同じ出具合にしています)。

ブラケット(取付け金具)は
ワンタッチL型ダブルブラケットです。
通常のブラケットよりも
カーテンレールをより高い位置に
することが出来るブラケットを
セレクトしています。
これから取付ける
カーテンのデザインも考えての
セレクトです。


次の記事:カーテン新規取付
今回取付けたカーテンレールにカーテンを取付けた記事です。

リンク:カーテンレール&カーテン新規取付(FACEBOOK)
今回のカーテンレールとカーテンをまとめたページです。
遮光生地と遮熱生地の違いについても書いています。

現場:戸建てのお客様(3回目のご依頼)
TOSO(トーソー)レガートスクエア ライトグレイン色TOSO(トーソー)の
レガートスクエア
ライトグレイン色です。

直線的なフォルムと
木目調の柔らかさを併せ持つ
装飾カーテンレールです。
様々なカーテンスタイルに
合わせやすいカーテンレールです。

次回の記事の「カーテン新規取付」
でもご説明しますが、
リターンを考慮したデザインの
Mキャップをセレクトしました。


T字型補助金具 大 ミディアムオーク色壁面の取付けには
T字型補助金具を採用しています。

T字型補助金具で
ネジ止めしている所までしか
窓上の下地はありません。
ここにブラケット
(カーテンレールを留める金具)
を取付けるよりも
T字型補助金具分上に
カーテンレールを取付けた方が
より綺麗に
カーテンレールやカーテンを
見せることが出来ます。

こういった取付補助金具も
TOSO(トーソー)は
様々なタイプのものを取り揃えています。


次の記事では
カーテン新規取付
をご紹介しています。

現場:戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)
既存のカーテンボックス既存のカーテンボックスです。

お引越しされて来て
こちらだけ窓周りに
何も取付けてなかったそうです。


↓カーテンレール新規取付
フェデポリマーブルZ-17レール ホワイト色フェデポリマーブル
Z-17レールホワイト色の
天付けダブル付けです。

基本的な
機能性カーテンレールです。

この後カーテン取付けしましたが、
前のお宅でお使いだったものを
取付けました。


房掛け(ふさかけ)こちらは当店で在庫している
房掛け(ふさかけ)です。
カーテンレールと同様のホワイト色で
シンプルなものです。

カーテンを留める
タイバック(タッセル)を
掛けるのに使います。

タチカワブラインド ファンティア セピア色 サイドカバーWカーテンレールを
新規取付けしました。

タチカワブラインドの
ファンティア
セピア色の
サイドカバーWです。

サイドカバーW(ダブル)は
レール2本付けに
前後のレールに一緒に付ける
装飾性のあるカバー(ストップ)が
付いています。


タチカワブラインド ファンティア セピア色 サイドカバーWのアップ上記のアップ画像です。
カーテンレールを取り付ける
ブラケットと呼ばれる金具は
ワンタッチL型ダブルブラケットです。

基本的にはなるべくカーテンレールを
上に付けた方が
カーテンは見栄えがしますが、
壁の中に下地が入っていない場合
強度の関係上で上に出来ません。
そういった場合に
このブラケットを使うと
より上に取付けることが出来ます。


ワンタッチブラケットとワンタッチL型ブラケットの比較上記が通常の
ワンタッチダブルブラケット、
下記が
ワンタッチL型ダブルブラケット
です。

どちらかとゆうと
通常の
ワンタッチダブルブラケットが
L字のような気もしますが、
そういった名称になっています。

木ネジを取り付けた位置を
基準で考えると、
ワンタッチダブルブラケットは
かん下(カーテンレールの
アジャスターフックをかける部分)
の寸法が
下に50mm下がりますが、
ワンタッチL型ダブルブラケット
ですと
10mm下がるだけなので
50-10=40mm
上がる計算になります。


タチカワブラインド ファンティア セピア色 サイドカバーW 2台並列リビングには
上記の他にこちらの2台並列
(長さは違います)、
寝室にも1台取り付けています。

タチカワブラインドの主力の
一般(機能性)カーテンレール
ファンティアですが、
スタイリシュなサイドカバーに
することで
装飾カーテンレールのように
することが出来ます。


次の記事でこちらのカーテンレールにカーテンの取付けをご紹介しています。
次:カーテン新規取付
現場:戸建てのお客様(2回目のご依頼)
TOSO(トーソー)ネクスティ プレーンホワイト色腰窓に
既にカーテンレールが
付いていましたが(ダブル)、
もっと上からカーテンを
かけたいとのご希望で、
天井面にカーテンレールを
新規取付けしました(シングル)。

TOSO(トーソー)の
ネクスティ
プレーンホワイト色です。


フラットカーテンをかけたところカーテンをかけたところです。
アップの画像しかありませんが、
実際に壁一面にカーテンがかかると
印象がだいぶ違いますね。
大きなパネルのようにも感じました。
防寒対策でもありますが
もちろんそういった効果もあります。

フラットカーテンでしたので
ネクスティを選んでいます。
レールのランナー(駒)が
360度回るので
プリーツやひだ山のない
フラットカーテンの開閉でも
スムーズです。


TOSO(トーソー)→製品一覧・WEBカタログ→カーテンレールWEBカタログ→カーテンレール総合カタログ2012.6のP300ネクスティのプレーンホワイト色
現場:マンションのお客様(2回目のご依頼)
TOSO(トーソー)エリート プレーンホワイト色既存のバーチカルブラインド
(縦型ブラインド)を撤去して
TOSO(トーソー)エリート
プレーンホワイト色へ
交換取付しました。

TOSOにはネクスティとゆう
新しい定番の
機能性カーテンレールもありますが、
カーテンボックスの幅が狭いため
コンパクトな
天付けダブルブラケットのある
エリートを採用しています。
ブラケット位置を若干窓側に
寄せ気味にしています。

今回はカーテンレールだけの
取付けでしたが、
カーテンについての
ご説明ももちろんしています。
例えば、エリートは
ランナー(駒)が360度回らないため
フラットカーテンなどには不向きですが
そういったことも先にご説明してから
エリートをセレクトしています。


ウェブカタログ:TOSO(トーソー)→製品一覧・WEBカタログ→カーテンレールWEBカタログ→カーテンレール総合カタログ2012.6のP308プレーンホワイト色
前:室内塗装(天井面・壁面)
現場:マンションのお客様(初めてのご依頼)
既存のカーテンレール既存のカーテンレールです。

窓のすぐ近くまで
家具があるので
カーテンレールが
うまく使えません。


↓カーテンレール交換取付
TOSO(トーソー)エリート Nウォールナット色TOSO(トーソー)エリートの
Nウォールナット色です。
窓枠に合わせた色にしました。
窓枠内へ交換取付けしたので
(ダブルの天付け)
窓からレールが出っぱらず
家具に干渉されずに
スムーズにカーテンを
動かせるようになりました。

エリートはTOSO(トーソー)の
定番の機能性カーテンレールです。
ランナー(駒)の動きもよく
レール本体もしっかりした作りです。


コーキングで補修元のカーテンレールの
壁紙(クロス)のネジ穴は
コーキング(ジョイントコーク)で
補修しています
(装飾レールと機能性レール
1組正面付けだったのを
機能性レールの
ダブル天付けにしました)。

画像のアップのように
近くで見ると
既存のネジ穴位置は分かりますが、
遠目では
だいぶ目立たなくなっています。


ウェブカタログ:TOSO(トーソー)→製品一覧・WEBカタログ→(カーテンレール)WEBカタログ→カーテンレール総合カタログ2012.6のP308エリート・Nウォールナット色
現場:戸建てのお客様(初めてのご依頼)
TOSO(トーソー)ネクスティ ライトグレイン色既存のブラインドと
カーテンを併用するために
カーテンレールを
新規取付しました。

TOSO(トーソー)のネクスティ
ライトグレイン色
正面W(ダブル)付けです。

フラットカーテンなどにも
おすすめのランナー(駒)が
360℃回転する
機能性カーテンレールです。


カーテンストッパー1カーテンストッパーです。

通常カーテンは片開きか両開きの
1枚もしくは2枚で
お作りすることが多いですが
今回は1本のレールで4分割するので
入れています。

任意の場所でカーテンを
ピタッと留めれるのでとても便利です。
レール本体とマグネットランナーに
それぞれストッパーを
取り付けています。


カーテンストッパー2上記の画像では離れていた
レール本体とマグネットランナーの
それぞれのカーテンストッパーが
重なったところです。

適度な力でカーテンを引くと
カーテンを動かすことが出来、
レール本体のストッパーに
マグネットランナーのストッパーが
近くづくと自然に定位置で
カーテンが留まります。


サイドマグネットランナーカーテンレールの両端には
サイドマグネットランナーを
入れてあります。

カーテンストッパーと同様に
適度な力でカーテンを引くと
カーテンを動かすことが出来、
レールのエンドキャプに
サイドマグネットランナーが近づくと
ピタっと留まります。
ベランダなどへの出入りにも
とても便利です。

このような機能は細かいことですが、
カーテン及びカーテンレールは
日々使うものなので
お客様のご希望をお聞きして
必要がある場合はおすすめして取付けています。
カーテンレール取付けのご依頼があるので
ただカーテンレールを取付けるだけではなく、
出来るだけ快適にお客様にお使い頂けるようにといつも考えています。
もちろんご説明させて頂いて、
お客様がご希望の時のみ取付けています。


ウェブカタログ:TOSO(トーソー)→製品一覧・WEBカタログ→(カーテンレール)WEBカタログ→カーテンレール総合カタログ2012.6のP300~ネクスティ・ライトグレイン色
現場:マンションのお客様(2回目のご依頼)
既存のC型カーテンレール寝室の既存のC型カーテンレールです。
直角になっている窓にそれぞれダブル(2本)で
同じ長さで取付けてあります。

部屋側のレールはいいのですが、
窓側のレールはお互いが離れているので
このままカーテンを掛けても隙間が空いてしまいます。
また、滑りも悪くランナーが上手く動きません。


↓カーテンレール交換取付
タチカワブラインド ファンティア フロスティホワイト色寝室に取付けた
タチカワブラインド
一般カーテンレール・ファンティア
フロスティホワイト色です。

室内側・窓側のレールそれぞれが
合わさるようにしています。
また、左側のそれぞれのレールを
右側のレールより長めにして
より光れ漏れが起きないように
考えて取付けています。
少し専門的な用語ですと
左が勝って右が負けた取付けです。


タチカワブラインド ファンティア フロスティホワイト色ダブルとシングルリビングです。
画像奥側が掃き出し窓で
画像手前側が出窓です。

それぞれの窓にレールを2本
(ドレープ(厚地用)とレース用)
付けるのですが、
出窓側のドレープは
掃き出し窓に合わせるのに対し
レースは出窓に取付けるので
このような取付け方にしています。


タチカワブラインド カーブカーテンレールV5リビングの出窓です。
タチカワブラインドのカーブレール
V5フロスティホワイト色です。

カーブベンダーと
呼ばれる工具を用いて
真っ直ぐなレールにカーブを作り
取付けています。

画像ではカーブは1箇所ですが
実際は2箇所ある
コの字型の出窓です。


タチカワブラインド ファンティア フロスティホワイト色シングルお子様のお部屋です。

半透明の網入り型ガラスなので
レースカーテンでの
採光の調整は不要とのことで、
ドレープ(厚地)用に
シングル(1本)で
ファンティアを取付けています。

それぞれのお部屋・窓に
適材適所で
カーテンレール交換取付しました。


ウェブカタログ:タチカワブラインド→(製品情報)デジタルカタログ→カーテンレールP279ファンティア、P348V5
リンク:タチカワブラインド カーテンレールセレクションブック
次:カーテン新規取付2-1(リビング)
現場:マンションのお客様(3回目以上のご依頼)(FACEBOOKのまとめページ)
カーテンボックスに取付けたフェデポリマーブルZ-17ホワイト色暑い夏場だけ
遮光カーテンを掛けられる
とのことで、
ロールスクリーンの手前の
カーテンボックス内に
カーテンレールを
新規取付しました。

フェデポリマーブルの
Z-17 ホワイト色です。
前身のSM工業の時から
愛用している施工性も良い
カーテンレールです。


現場:マンションのお客様(2回目のご依頼)
Nasnos(ナスノス)の電動カーテンレールNasnos(ナスノス)とゆう
電動カーテンレールの
メーカーがあります。

本体レールの
電源(コンセント)を確保出来れば
リモコンで操作出来ます。

レール側面の形状が同じなので
180度回転させれるのでモーターを
電源に近いほう左右どちらでも
使えます。

カーテンをかけると
モーターはカーテンの後ろに
隠れるようになっています。

電源を使わずにカーテンを
手で開け閉めすることも出来ます。

電動カーテンレールは
とても便利ですが、
やはり価格がネックになります。
ナスノスの電動カーテンレールなら
他メーカーよりも
リーズナブルに取付けることが出来ます。


ウェブカタログ:Nasnos(ナスノス)→製品情報→カーテン&ブラインド
既存のウインドウトリートメント壁紙張替(クロス張替)を
させて頂きましたが、
続けてこちらの
ウインドウトリートメント(窓周り)を
ご依頼ご依頼頂きました。


↓カーテンレール交換取付
タチカワブラインド ファンティアフィル ダーク色正面付けダブルだった
カーテンレールを
天付けのシングルにしました。

レールは目立たせず
スッキリさせたいため
タチカワブラインドの
定番ファンティアより
一回り小さいファンティアフィル
ダーク色です。
レール色も
枠周りに合わせています。


↓既存のレースカーテン取付
既存のレールカーテン取付レースカーテンは
既存のものを
そのまま再利用です。

正面付けの時には若干
丈が短かったですが、
天付けにして
ちょうど良い寸法になりました。

次回、この続きは
ローマンシェード(シェードカーテン)
を取付けます。


ウェブカタログ:タチカワブラインド→(製品情報)デジタルカタログ→カーテンレールP273のファンティアフィル・ダーク色
次:プレーンシェードborasボラス・Malagaマラガへ交換取付
現場:アパートのお客様(3回目以上のご依頼)
タチカワブラインド プロヴァンスEX ポール:ツイスト/クリームブラス/フィニアルA3Fの戸建てへお引越しに伴い
カーテンレールを新規取付しました。

こちらはメインのダイニングキッチン
に取付けたクラフト感溢れる
アイアンレールの
プロヴァンスEXです。
お部屋にあったクリームブラス色に
ポールはツイストのものをセレクト
フィニアルは葉のデザインで
落ち着きと趣がありますね。
房掛けも同じシリーズのもので
合わせています。


タチカワブラインド プロヴァンスEX ポール:ツイスト/クリームブラス/プレーンフィニアルこちらは小窓です。
フィニアル
(キャップストップ・エンドストップ)
を上記の画像と同じにすると
バランスが合わないため
プレーンなタイプをおすすめしました。

アイアンレールはこれを入れて4窓、
2.1m×2と3.1m×1の組み合わせです。
こちらは3.1mの余りを使っています。
規格が2.1mと3.1mの2つなので
2.1mを4本取るよりもリーズナブル、
こういったことも考えています。


タチカワブラインド ファンティア ホワイト3Fと1Fと階段は
タチカワブラインド ファンティアの
ホワイト色です。
ホワイト色といっても
ベージュがかっていて
お部屋の雰囲気にあっています
(より白い色も他にあります)。

メインのお部屋以外をこういった
リーズナブルな機能性レールも
おすすめです。
天付け・正面付け別々で
ダブルではなくシングル×2です。


タチカワブラインド ファンティア ホワイト階段などは
ファンティアの
正面付けシングルのみです。

房掛けはデリアスのホワイト色。
スタンダードな房掛けです。


ワンタッチロングシングルブラケット上記の画像の
ブラケット
(カーテンレールを留める金具)
のアップ画像です。

木目調の窓台が
壁面より出ているので
カーテンを掛けた時に
窓台に干渉しやすくなります。
通常のブラケットより長めの
ワンタッチロング
シングルブラケットにして
カーテンを吊った時に
より綺麗なスタイルになるように
考えています。


ウェブカタログ:タチカワブラインド→(製品情報)デジタルカタログ→カーテンレール<2011年10月>→P104プロヴァンスEX・P278ファンティア
戸建てのお客様(初めてのご依頼)
既存のニチベイ リサージュニチベイの
スタイルが特徴的なリサージュです。

デザイン性があって素敵ですが、
経年とお客様がシンプルにしたいとのご希望で
カーテンレールとレースカーテンへ
交換取付します。


↓カーテンレール交換取付
TOSO(トーソー)エリートのカーテンストッパー説明図これから取付ける
TOSO(トーソー)のカーテンレール
エリートのカーテンストッパーの
説明図です。

マグネットランナーと
カーテンレール本体に
それぞれ取付けます。
任意の場所で
ピタッとカーテンを
止める事が出来るので便利です。


TOSO(トーソー)エリートのウォームホワイト色とカーテンストッパー交換取付した
TOSO(エリート)の
ウォームホワイト色の
カーテンストッパーありです。

左側(奥側)がベランダで出る
片引き窓。
右側(手前側)が
FIX(はめ殺し)窓です。
その境目の縦枠の部分で
レースカーテンが止まるように
カーテンストッパーを
取付けています。


レースカーテン交換取付後に左側を開けたところ両開きのレースカーテンを
交換取付した後に
左側だけ開けたところです。

窓の縦枠の前に
左側のレースカーテンの
レール側のカーテンストッパーが
残っています。


カーテンストッパーで止めるのが楽なレースカーテン上記の画像から
左側のレースカーテンを戻して
レースカーテンを閉めたところです。

カーテンストッパーがあれば
ベランダへの出入りでも
楽々片手操作で
いつもピタっと閉まって便利です。
日常的な動作だからこそ
つけておきたい
カーテンストッパーです。


ウェブカタログ:ウェブカタログ:TOSO(トーソー)→製品一覧・WEBカタログ→(カーテンレール)WEBカタログ→機能性レール→P296エリートのウォームホワイト色とP298カーテンストッパー
次:レースカーテン交換取付(本縫いウエイト)、ドレープカーテン交換取付(脱着可能裏地付き)
現場:マンションのお客様(初めてのご依頼)(FACEBOOKのまとめページ)
サイレントグリス6026廊下から洗面所へ続く箇所の
間仕切りのカーテンレールを
ランナーの滑りが今一つだった
C型レールから
サイレントグリス6026シルバー色へ
交換取付しました。

奥行き13.5mm
高さ(かん上寸法)18mmのとても
コンパクトなカーテンレールです。
カーテンレールを強調させずに
スッキリさせたい時にぴったりです。
ランナーの滑りもとても良いです。


サイレントグリス1200ピアノ室から廊下へ続くドアの上へ
サイレントグリス1200ホワイト色を
新規取付しました。

高さ(かん上寸法)32.5mm
奥行き僅か8.2mm(ブラケット除く)
のスリムなカーテンレールで
やはりスッキリしたデザインです。
ランナーの滑りも良好です。
ピアノ室なのでなるべく目立たない
デザインをご希望でした。

また、お客様がご用意された
遮音カーテンを掛けましたが、
効果はあるように思いました。

この他にもカーテンレール交換取付していますが、
次回カーテン交換取付と一緒にご紹介します。


ウェブカタログ:Silent Gliss(サイレントグリス)→手引きカーテンレール→SG6026orSG1200
前:内窓新規取付(インナーサッシ新規取付)
次:エンブロイダリーレースカーテンとカーテンレール交換取付
現場:マンションのお客様(初めてのご依頼)(FACEBOOKのまとめページ)
既存のカーテンレール既存のカーテンレールです。

強い力で引っ張ってしまったために
折れ曲がっています。
このままでは使えないので
交換取付します。


↓カーテンレール交換取付
カーテンレール交換取付フェデポリマーブルの
Z-17レール・ホワイト色です。
小さい実物サンプルを
携帯していますので、
お客様宅で実際にご覧頂いて
既存のものに
形が比較的近いことから
こちらをご指定頂きました。

他に、複数のTOSO(トーソー)・
タチカワブラインドの
1mの機能性カーテンレールの
実物サンプルも持参していて
こちらでもご検討されています。


壁紙用コーキング材で補修カーテンレールは
ブラケットと呼ばれる
取付け金具を先に取付けて、
カーテンレールをそこに
はめ込むことが多いです
(直接カーテンレールを
付ける場合もあります)。

ネジの穴が残らないように
なるべく既存の場所に
ブラケットを取付けますが、
強度やその他の理由で
位置をずらす場合もあります。

こちらはヤヨイ化学の
ジョイントコーク・Aの
パステルアイボリー色で
ネジ穴を補修しました。
普段壁紙工事(クロス工事)で使っているのは、
主にホワイト色とアイボリー色なので
こちらはこのために用意しました。
ピッタリ合って良かったです。


次:INAXシャワートイレパッソWタイプ交換取付
現場:マンションのお客様(初めてのご依頼)(FACEBOOKのまとめページ)
既存のベネシャンブラインド(横型ブラインド)LDKです。
ベネシャンブラインド(横型ブラインド)から
カーテンにします。

既存のブラインドを外して
まずはカーテンレールを取付けます。


↓ブラケット交換取付
TOSO(トーソー)エリートNTダブルブラケット・ライトウッド色TOSO(トーソー)エリートの
NTダブルブラケット
ライトウッド色を
正面付けで取付けています。

このように
窓枠の厚みが少ない場合でも
取付けることが出来る
ブラケット
(カーテンレール取付金具)です。
ブラケットを先に取付けてから
カーテンレールをブラケットに留めます。


↓カーテンレール交換取付
TOSO(トーソー)エリート・ライトウッド色TOSO(トーソー)カーテンレール
エリート・ライトウッド色の
W付け(2本付け)完了しました。
他に
こちらと同じものを1窓、
天付けのものを1窓取付けました。

TOSO(トーソー)の
定番機能性カーテンレール・エリートは
11色(廃盤予定品除く)と豊富です。
当店ですと、実際の1mの実物サンプル
(プレーンホワイト色)と
実物のカラーサンプル(4.5cm)
全色をお持ちしてお選び頂けます。
また同時にカタログもお持ちします。
もちろん店内でもご覧頂けます。


ウェブカタログ:TOSO(トーソー)→製品一覧・WEBカタログ→カーテンレール→機能性レール→エリート
前:アコーディオンドア(アコーデオンカーテン)交換取付
次:カーテン交換取付
現場:ビルのお客様(初めてのご依頼)(FACEBOOKのまとめページ)
既存の折れ曲がったカーテンレール少し分かりづらい画像ですが、
バランス(上飾り)のすぐ下の
カーテンレールが折れ曲がっています。

猫ちゃんがカーテンに飛び掛った拍子に
カーテンに引っ張られてしまったカーテンレールが
折れ曲がってしまったそうです。
このままでは使えないので
カーテンレールを交換取付します。


↓カーテンレール交換取付
カーテンレール交換取付 TOSO(トーソー)エリート ウォームホワイト色1バランス(上飾り)レールの下に
カーテンレールを取付けるための
ブラケット(正面付け)と呼ばれる
金具を等間隔に取付けています。

ブラケットの間隔は90cm以内
(端はそれぞれ
レール先端から10cm以内)が基準で、
既存のものもそれを
満たしていましたが、
さらに間隔を短くして、
ブラケットを多めにして
耐久性を上げています。


カーテンレール交換取付 TOSO(トーソー)エリート ウォームホワイト色2カーテンレールを
ブラケットに取付けて、
カーテンレール交換取付完了です。
この後、バランス(上飾り)と
カーテンレールを取付けし直します。

TOSO(トーソー)はカーテンレールの
トップシェアのメーカーで、
エリートは機能性カーテンレール
(装飾カーテンレールに対して
一般的なカーテンレールのこと)
の中でも最も定番のレールです。
これよりワンランク上の
ネクスティも定番になってきています。


ウェブカタログ:TOSO(トーソー)→製品一覧・WEBカタログ→カーテンレール→(機能性レール)エリート
現場:戸建てのお客様(初めてのご依頼)
既存のカーテンボックスと一体型のカーテンレール既存のカーテンボックスと
一体型のカーテンレールです。
だいぶ損傷していて、
上手く動かない箇所があります。
特にカーテンボックスが必要ではないとのことで、
通常の機能性カーテンレールへ交換取付します。


↓機能性カーテンレールへ交換取付
フェデポリマーブル(FEDE POLYMARBLE)のZ-17レール ホワイト色機能性カーテンレールへ
交換取付しました。
木目調やアイアン調など
デザイン性に優れた装飾レールに対し、
基本的な性能を抑え
リーズナブルなカーテンレールを
機能性カーテンレールと呼んでいます
(一般用・工事用カーテンレールとも
呼ばれています)。

今回、
壁紙(クロス)の補修の想定もして
用意していましたが、
既存のカーテンレールを取外してみて
特に必要ありませんでした。
ただ想定される事柄に対しては、
ご説明して準備して行く場合もあります。


現場:アパートHRの1戸(3回目以上のご依頼)
TOSO(トーソー)ウッドカーテンレールウッディ28新しく内窓を
取付けられたお客様で、
カーテンレールの移動が必要です。
ウッドカーテンレール
(木製カーテンレール)です。

同じサイズのものが2本ずつで
合計4本です。

取付けスペースの関係もあって
室内側のドレープ側を高めにして
室外側のレース側を下げています。


TOSO(トーソー)ウッドカーテンレールウッディ28 壁面ブラケットアップ天井の下地が弱いため
壁面ブラケットを採用して、
ウッドカーテンレール
(木製カーテンレール)を
新規取付しました。

今回新規取付したウッディ28は
ブラケット間が180cm以内であれば
両端のブラケットのみで大丈夫です。

お部屋の感じや
新しく取付けられた内窓に
よく合っているカーテンレール
だと思います。


現場:戸建てのお客様(初めてのご依頼)

ウッドカーテンレール:TOSO(トーソー)ウッディ28 ナチュラルグレイン色
リンク:TOSO(トーソー)→カーテンレール→WEB CATALOG→装飾レール140ページ
テンションプーリー紐引きカーテンレールと言って
カーテンの開閉を紐で操作できる
カーテンレールです。
大きな窓で使われることがあります。
2本のうちの1本を
今回交換しました(左側)。

テンションプーリーです。
スプリングが内蔵されています。
紐がからまないように
紐をピンと張るようにする
ものです。


TOSO ニューデラック紐引き組立てセット1テンションプーリーの上側です。
紐がピンと張っていますね。
このカーテンレールは
TOSOの
ニューデラック紐引き組立てセット
です。
交換したのは左側です。


TOSO ニューデラック紐引き組立てセット2両開きと言って
同じ大きさのカーテン2枚を使う
一般的なカーテン用の
カーテンレールです。
交換したのは左側です。

この後、
左右のバランスを調整して
カーテンをカーテンレールに掛けて
最後にもう一度確認して
作業を終えました。


戸建てのお客様(初めてのご依頼)
デリッシュ28(Delish28)カーテンレールを交換取付しました。
ヨコタのデリッシュ28(Delish28)です。

5種類あるギボシのうち(プレーン含む)
03を取付けています。
ギボシとは装飾カーテンレールの
先端部分(左右2つ)のことで、
数種類あるものから選べることが
多いです。

木目の優しい感じと
ホワイトウッド色のやや上品な感じを
与えてくる装飾カーテンレールです。


戸建てのお客様(2回目のご依頼)
次:浴室窓タイプのベネシャンブラインド交換取付(横型ブラインド交換取付)
ローレット木目エリートダブルセット1-1TOSO(トーソー)の
ローレット木目25
エリートダブルセットです。

木目調の自然な風合いに
ホワイトウッド色が
やや上品な印象です。

向かって左側に換気口(※)があり
カーテンを取付けた時に
干渉しない長さになっています。


ローレット木目エリートダブルセット1-2向かって右側の拡大画像です。
エアコンがあるので、
向かって左側に比べて
カーテンレールの長さが
短くなっています。

お客様のご希望でそのままですが、
ローレット木目25の場合、
キャップの大きい丸の部分(Aキャップ)
を取り外して、
小さいキャップ(Bキャップ)に変えて
カーテンの可動部分を
若干長くすることも出来ます。


ローレット木目エリートダブルセット2こちらの窓にも取付けましたが、
特に干渉するものがないので
当然左右の長さは同じになっています。

※換気口についてですが、
2003年に改正された建築基準法で、
シックハウス症候群対策のため、
全ての居室に換気設備の取り付けが
義務化されました。
そのため、新築のお宅では
そのようになっています。


新築の戸建てのお客様(初めてのご依頼)
次:ウッドブラインド新規取付
カーテンレール交換取付1既存のカーテンレールはシルバー色で、
窓枠もシルバー色なので、
シルバー色のカーテンレールを
つけてもいいのですが、
部屋の印象を明るくするために、
ホワイト色のカーテンレールを
交換取付しました。


カーテンレール交換取付2カーテンが両開きの場合は、
真ん中にマグネットランナーを
入れる場合が多いのですが、
取付けるカーテンが
まだ決定していない場合、
片開きのカーテンになると
マグネットランナーが
邪魔になってしまうので、
通常のランナーのみで
カーテンレールを組んでいます。


マンションRI(3回目以上のご依頼)の1戸
前:壁紙張替(クロス張替)
ヨコタ ユーロクラシック ティア ブラス色前回、カーペットを敷いた、リビングです。

ヨコタのユーロクラシックの
Wレール(2本レール)です。

装飾されたレール先端部分(ギボシ)が
4種類あるのですが
(プレーンを入れると5種類)、
画像はティアです。

色はブラス色です。


ヨコタ フサカケ ユーロB ブラス色房掛けは、
同じくヨコタのユーロBのブラス色です。

リビングに
クラシカルで落ち着いた
雰囲気を与えてくれる
カーテンレールと房掛けだと思います。


TOSO(トーソー)エリート ミディアムウッド色洋間のそれぞれの窓は、
TOSO(トーソー)のエリートの
ミディアムウッド色です。
窓枠の色によく合っていますね。

エリートは、
ブラケット(カーテンレールを取付ける部品)
が見えないようにデザインされた
機能性カーテンレール
(一般カーテンレール)です。


リターン金具奥のカーテンレールのキャップストップに
金具がついていますが、
これはリターン金具です。

ドレープのカーテンを
手前のカーテンレールに吊るす時に、
最後にリターン金具に引っ掛けると、
カーテンレールの
横の部分を覆うようになり、
横からの光を遮ることが出来ます。


ヨコタ フサカケ ウッドA ミディアムウッド色房掛けは
ヨコタのウッドAミディアムウッド色です。
同じく良く色が合っています。

この他に、
和室のカーテンレールも取付けました。
全部で8窓にカーテンレールと房掛けを
取り付けました。

今回、これら全てを
事前に選ばれていたのはお客様で、
各メーカーそれぞれに
足を運んで選ばれてきたそうです。
それぞれの場所によく合っているものを
選ばれています。

そういった、手間暇をかけられた内容を
ご依頼頂けたことを
とても感謝しております。
(もちろん、
当店で様々なカーテンレールや
房掛け等をご提案することも
出来ます。)


新築の戸建てのお客様(初めてのご依頼)
前:置き敷きカーペット新規施工
新規カーテンレール正面W付け戸建ての2F~地下の窓に
カーテンレールを取付けました。
全部で7窓。
全てホワイト色のWレールです。
(Wレールとは2本付けの意味です。)

こちらは、正面付けのWレールです。
真ん中に
マグネットランナーが入っています。
両開きのカーテン用です。
今回、全てのカーテンレールに
マグネットランナーを入れました。


新規カーテンレール天W付けこちらは天付けのWレールです。

正面付けの方が
カーテンを付けた時に
装飾性が高いのですが、
天付けにすると、
正面付けより、よりスッキリ
お部屋を広く使うことが出来ます。

画像のような
機能性カーテンレール
(一般カーテンレール)なら
お好みで、どちらでもお選び頂けます。


新築の戸建てのお客様(初めてのご依頼)
次:カーテン新規取付
タチカワブラインドV21ファインレールカーテンレールを取付けました。
タチカワブラインド社製のV21ファインです。
色はシャンパンシルバー色です。

真ん中のランナー
(カーテンを吊るす白い部品)は、
両開き用のマグネットランナーで、
両開きのカーテンを吊るした時に、
真ん中で開かないように
磁力でくっつきます。


コーディネート房掛F-Vファインカーテンレールと
同じシリーズの房掛け(ふさかけ)、
コーディネート房掛F-Vファインの
シャンパンシルバー色です。

タッセルと呼ばれる、
カーテンを束ねるものを
留めるものを房掛けと呼びます。


新築の戸建てのお客様(2回目のご依頼)
次:ロールスクリーン新規取付
次回:カーテン新規取付
リブレール(リブカーテンレール)取付け1天井から吊り下げるカーテンレールは
リブレール(リブカーテンレール)
と呼ばれています。
主に病院のベッド廻りや診察室などで
使われていますが、
もちろんそれに限らず、
取付けることも出来ます。

画像奥中央から右へカーブするレールと
画像中央から左へ抜けるレールで
2箇所のカーテンを吊るすことが出来ます。


リブレール(リブカーテンレール)取付け2反対方向からの画像です。

吊棒(つりぼう)を
V字にすることも出来ますが、
お客様のなるべくスッキリ見せたい
とのご要望もあり、全て1本で吊っています。
その代わり、
吊棒の本数を通常より多めにしています。

天井高が3m50cmあり
(一般的なご家庭で2m40cmくらいです)、
吊棒も一番長いものを使っているので、
少し作業が難しかったですが、
上手く取付けることが出来たと思います。


マンション(初めてのご依頼)のお客様
次:コントラクトカーテン取付け
カーブレール(カーブカーテンレール)加工前カーブレール(カーブカーテンレール)です。

最初から曲げてあるものを
使うときもありますが、
通常は、普通のカーテンレールと同じように、
まっすぐなものを加工します。


↓カーブ加工
カーブレール(カーブカーテンレール)加工中ベンダーと呼ばれる、
金具を使って、カーブを作ります。

ベンダーを使うことで、
綺麗に曲げることが出来ます。


↓取付
カーブレール(カーブカーテンレール)取付取付けました。

間仕切り用です。


現場:戸建てのお客様(初めてのご依頼)
次:ネットプラスカーテン取付
ウッドカーテンレール取付(ウッドレール取付)ウッドカーテンレール(ウッドレール)
を取付けました。

ウッドカーテンレール破損のため、
既存のものと同じ、
TOSOのウッディ28のCタイプを取付ました。

既存のものと若干ですが、
デザイン及び取付金具
が変更されていました。
同じ製品でも、進化していますね。


現場:戸建てのお客様(初めてのご依頼)
カーテンレール取付(ブロンズ色)1壁紙(クロス)を張替える時に
カーテンレールもはずしたのですが、
若干壊れていたこともあり、
新しいものに交換しました。

今までは、シルバー色だったのですが、
窓枠と同じブロンズ色にしました。
やはり、窓枠と同じ系統の色だと
一体感があってより良いですね。


カーテンレール取付(ブロンズ色)2


現場:戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)
前:パンチカーペット張替(洋間2部屋、廊下、階段)
ホワイトのカーテンレール取付カーテンレールを2箇所、
カーテンを3箇所取付けましたが、
写真はこの1枚しか撮りませんでした。

フレームの色に合わせて
ホワイトのカーテンレールを選びました。


戸建てにお住まいのお客様(2回目のご依頼)
ナチュラルオークのカーテンレールカーテンレールを取付けました。
窓2間(1間-いっけん-180cmです)分の大きな窓です。
カーテンレールも通常最大の長さの4mのものをカットして施工しました。
カーテンレールは、窓枠の色に合わせるのが基本なのですが、
窓枠のナチュラルオークに近い色を選びました。
よく合っていると思います。

次回は、こちらにカーテンの取付及び
同じ部屋の腰窓(腰の高さくらいまでの高さの窓のことです)に
ツインシェードカーテン(-シェードカーテン-カーテンとブラインドの機能が合わさったもの)
を取付けます。


現場:新築の戸建てのお客様(初めてのご依頼)
次:カーテン取付
次々回:ツインプレーンシェードカーテン取付