奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
伊勢志摩サミット開催中ですが

安倍晋三首相は昨日26日来年4月に予定されている

消費税率10%への引き上げを再延期する意向を固めたそうですね。

追伸:その後の報道によるとまだ決めたわけではないそうでした。


一方、個人的に注目してるのは

国の奨学金事業には有利子・無利子の「貸与型」しかないそうで

来年度にも低所得者層支援を拡充のため

給付型奨学金の追加を検討とのこと。

「奨学金により多額の借金を負うことを躊躇(ちゅうちょ)し、

進学を断念することがあってはならない」とのこと。


よりよい未来になっていくために

今後も国の予算については

関心を持っていたいなと思っています。



それでは、本日のご紹介!です。


張替え前のダイニングチェア 張替え前の

 ダイニングチェアです。

 特に座面が傷んでいますね。



↓座面クッション材作成
クッション材作成

既存の生地・クッション材を剥がしてから

新しいクッション材を作成しています。

画像は座面のクッション材です。


クッション材作成

横から見ると分かりますが

中央部を大きくしています。

イスにもよりますが

この方が座り心地・デザイン性共に良くなります

(この後さらに柔らかいウレタンで包んでから生地を張ります)。



↓ダイニングチェア張替え完了
張替えたダイニングチェア

フレーム・生地はしっかりしていても

その中は見えないので

中のクッション材が弱い場合もよくあります。

基本的には中のクッション材は

元々のものよりほとんどの場合よくなることが多いです

(ご希望で全く同じにすることもあります)。


大量生産ではなく

一つ一つ手作りで張替えているメリットであると思います。

ガリガリ君リッチほとばしる青春の味 新発売の

 ガリガリ君リッチ

 ほとばしる青春の味 です。


 アイスなのに

 ラムネの触感が面白いですね。

 青りんご味で爽やかで

 美味しいです♪。


それでは本日のご紹介!です。


張替えたダイニングチェア

張替えたダイニングチェアです。

イスは木目を活かしたものが多いですが

このように木目を出さない仕上がりもあります。


こちらはガタ直し・塗装・張替えとしてあります。

お預かりした時かなり傷んでいたので

見違えるようになりました♪。

薬物使用での清原元プロ野球選手の

初公判が昨日ありましたが、

打席の度にホームランへの期待

ここぞとゆうところで打つスター性

今も覚えています。

ぜひ更生されることを願っています。


それでは、本日のご紹介!です。


張替えたダイニングチェア

張替えた背もあるダイニングチェアです。

一見、布地のように見えますが人工皮革(ビニールレザー)

サンゲツUP2761です。


張替え前の構造上、

少し張替えが大変でしたが

上手く張替え出来てると思います。

今日の通勤は電車がすごく空いてました。

いよいよゴールデンウィークですね。


ところでNHKでは「ゴールデンウィーク」とは

絶対に言わないって知ってましたか?。

ゴールデンウィークとは

連休期間(GW期間)の映画PRのために日本映画界が作った造語だそうで

特定の業界(映画業界)の宣伝になってしまうためだそうです。

確かにNHKを見ていても

「大型連休」などと呼んでゴールデンウィークとは言いませんでした。


それでは、本日のご紹介!です。


背付きダイニングチェア張替え

背中の張替えもある

ダイニングチェアの張替えをしました。

背中は少し変わった形でしたが

うまく張替え出来てると思います。

本革・人工皮革共に

黒色は定期的に選ばれますね。

今回は人工皮革です。

昨晩の熊本の地震は平成28年熊本地震と命名されたそうですね。

熊本市に住む私の親戚は幸いにも無事でしたが眠れぬ夜を過ごしたそうです。

一日でも早く平穏な日々が戻ってくることを願っております。


それでは、本日のご紹介です!。


背付きダイニングチェア張替え

背中のあるタイプの

ダイニングチェアを張替えました。

生地はサンゲツUP2429です。

当店で人気のある生地でよく選ばれます。

今週半ばまで

五反田駅から徒歩数分のマンションで

壁紙張替え(クロス張替え)をしていたんですが

LDKの窓際ならともかく奥の部屋に行くと完全に携帯(スマホ)が圏外に。

手持ちのipad(タブレット)も同様。

以前高層マンションの上階でそういったことはありましたが

ここは地上2F程度の高さ。

そういった穴場ってまだあるんですね。

ちょっと驚きでした、そして不便でした(汗。

ご連絡うまく取れなかった方々申し訳ありませんでした。


それでは、本日のご紹介です!。


ダイニングチェア張替え


ダイニングチェア張替え

ダイニングチェアを張替えました。

生地はサンゲツのUP2269です。

トルコ製の生地で

細やかな色の感じと手触りが心地よい生地です。



ダイニングチェア張替え


連結鋲

枠周りは連結鋲(れんけつびょう)で仕上げています。

見た目は1個ずつ鋲打ちしているように見えますが

基本的に5個に1つずつで留めていきます。

装飾性と施工性を兼ね備えたイス張替えにおいては

定番の装飾品です。

ダイニングチェア張替前背中が籐になっている
ダイニングチェアを張替えます。


↓張替後
ダイニングチェア張替後1籐以外の
イス張り用の生地での仕上げだと
布地、天然皮革、人工皮革
などがあります。


ダイニングチェア張替後2こちらは、背面から見たところです。

背中には、背中の前面と後面の
2枚の生地を使用するようになります。

2枚の生地の間には、
クッション材も入れてありますので、
背中の感触も柔らかくなり、
座り心地も良くなっていると思います。

ダイニングチェア張替前回
ダイニングチェアに肘を取付けましたが
(5脚のうちの2脚)、
そのダイニングチェアを張替えました。

ビニールレザー(合成皮革)で張替え、
背中の縁周りは、
鋲(びょう)仕上げにしました。



ダイニングチェア張替ダイニングチェアを張替えました。

吸放湿ウレタンレザーに張替えました。
特殊な配合で吸放湿を備えていて、
一般的な合成皮革より、
天然皮革に近いソフトな風合いです。

壁紙(クロス)もそうですが、
最近は様々な機能性のある
材料がありますね。

ダイニングチェア張替飲食店にあるイスを
全て張替えました(一部除く)。

ダイニングチェアを張替えました。
カウンターチェアと同じモケット生地です。
(奥に写っているのはカウンターチェアです。)

これで、
今回のイス張替えの紹介は全てです。
同じ飲食店のイスですが、
色々な種類のイスがありました。


前:カウンターチェア張替
ダイニングチェア張替前革(天然皮革)のダイニングチェアです。

同じ革(天然皮革)で張替えます。


↓張替後
ダイニングチェア張替後画像の通り、
赤い革(天然皮革)で張替えました。

ビニールレザー(合成皮革)と違い、
取り寄せるその都度により、
材料の大きさが異なります。
牛半頭単位になっているためです。
そのため、
ロスが多くなってしまうこともあります。
(今回は、
ロスはほとんどありませんでした。)

また、どうしても天然のものなので、
キズがあることもあります。

それでも、なお、革(天然皮革)には、
大きな魅力があると思っています。

ダイニングチェア張替前グリーンのフレームの
綺麗な感じのダイニングチェアです。

ただ、中のクッション材が
かなり痛んでいました。


↓張替後
ダイニングチェア張替後(前面)以前のものより、
さらに白色に近い生地を使い、
より綺麗な感じに仕上がりました。



ダイニングチェア張替後(後面)こちらは後から見たとこころです。

笠木(かさぎ、イスのTOPの横板等のこと)
の部分が特徴的なダイニングチェアですね。

籐のダイニングチェア背中に籐が張ってあって、
破れていました。

また、座面もだいぶへたっていました。


↓張替後
ダイニングチェア張替後背中と座面、別々の生地で仕上げました。
(通常は、一緒の場合が多いです。)

当店では、籐の張替は行っておりませんので、
このような仕上がりになります。
背中の周りは鋲打ちで仕上げてあります。

ダイニングチェア張替前とてもも思い入れがある
とのことで、お持込になられたイスです。


↓張替後
ダイニングチェア張替後生地はおまかせとおっしゃられましたので、
同じようなピンクの色で、
少し柄が特徴的なもので張替ました。

今回、背中の縁周りは鋲打ちで仕上げました。

ダイニングチェア座面と背中背中と座面、計12組のダイニングチェア張替です。

全て、本体(下記写真参照)から外されての、
お持込みでのイス張替でした。

イス生地の中でも、ややざっくりして、
少し固めのしっかりした生地で張りました。



ダイニングチェアのフレーム外したイスのフレームです。

出来れば、イスのフレームを拝見したいと申したところ、
お持ち頂けました。

今回は、本体がなくても張替出来たのですが、
やはり本体を確認して出来る方が安心感はありますね。