奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
先日作業中にうっかり合板のとげが手に刺さってしまいました。
通常は毛抜きで取れるのですがとても小さいとげのため上手く取れません。
そのため針を火で炙って消毒してからその針でほんの少しずつ進めて掻き出して取りました。
今回初めてこのやり方を試みましたがいいですね。

なお、この対処法は若干難しく安全性のこともあるので、
一般の方は出来ればお医者さんを受診した方がいいようですね。
また、こういった場合、50円・5円などの穴のあるコインで
患部が穴の位置にくるように押し付けるとそこが盛り上がって取りやすくなるのだそうです。
次回はそちらにもチャレンジしてみたいと思います。

それでは、本日のおすすめ!です。


SFAの排水粉砕ポンプを使った「お部屋トイレ」
先日見てきた画期的なトイレの製品です。

少し分かりづらいですが
便器の奥にある床に設置してある白い箱状のものがそれです。
フランスで設立されたSFAの排水圧送ポンプです。
SFAは55年の歴史と全世界で累計600万台の実績を誇る
排水圧送ポンプのリーディングカンパニーです。

少し専門的な内容ですが
トイレがない場所にトイレを新しく設置する場合、
給水(水を引いてくる)と排水(汚水を流す)の
2つが必要ですが条件が難しいのは排水です。
排水管は勾配(傾き)がなかったり
逆勾配になっていると汚水が逆流してしまうので
必ず配水管の勾配(傾き)が必要です。
配水管は基本的に見えない床下に設置されますが
床下のスペースがないために設置出来ないこともあるのです。

排水圧送ポンプは汚物を細かく砕いてポンプで送り
逆勾配でも全く問題がないことと
他の雑排水の配管につなげることが出来るため
(一般的にトイレの配水管は単独です)
排水が設けられてない箇所へのトイレの設置が
とてもやりやすくなります。

具体的には排水機能のない
ポータブルトイレをお部屋でお使いの方には
特におすすめのトイレ設備です。
またトイレに行くまでが遠い・寒いなどの方にも
お部屋の中に水洗のトイレを設置すれば
快適にお過ごし頂けると思います。


リンク:SFA

業界ニュース:水まわりトイレ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/966-351092e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック