奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
2020年のオリンピックが東京になりましたね。
おめでとうございます!。

しばらくして商標の問題が話題になってきてますね。
おめでとうセールなどで
「オリンピック」、「五輪」、「がんばれ!ニッポン!」、「TOKYO 2020」
などは使えないそうです。

これまでの五輪はJOCの管轄でしたが、
自国開催となり、IOCの管轄になるそうです。
そのため、これまで以上に厳しくなるんだそうです。
なるほど。


それでは、今日のご紹介!です。


東リKSA3045、KSA3409
カーテンを新しいものへ交換取付けしました。

ドレープ(厚地)は東リのKSA3045です。
ナチュラルな感じのベース地に
植物のシルエット柄をプリントしてあります。
あたたかみのあるカラーがお部屋を優しく包みます。

レース(薄地)は東リのKSA3409です。
上質な艶と、独特の透け感がある生地です。
画像だと分かりづらいですが
この生地は4色ありますがKSA3045に合わせて
若干ベージュ色のKSA3409をセレクトしています。

メインのお部屋なので
2倍ヒダ3つ山でお作りしています。
簡易形態安定加工もしてあります。


シンコール ボムルAZ-3312、東リKSA3407あまりうまく撮れてませんが
ドレープ(厚地)は
シンコール ボムルAZ-3312です。
マットな質感の地紋の上に
光沢のある糸で
サンショウの葉を表現しています。
優しく爽やかな感じの生地です。

レース(薄地)は東リのKSA3407です。
上記にご紹介したものの色違いで
ドレープに合わせて
若干のブルーグリーン色のものを
セレクトしています。

こちらは主に
収納に使われるお部屋なので
1.5倍ヒダ2つ山でお作りしています。
簡易形態安定加工もしてあります。


簡易形態安定加工こちらは東リKSA3407の裾部分です。
簡易形態安定加工をしてあるので
より均一にひだ(ドレープ)が出ます。
またたたむ(閉じる)時も
よりまとまってスッキリたためます。

メーカーによって呼び名が違ったり
(例えば東リはソフトプリーツ加工、
シンコールはライトウェーブ加工)
同じ内容(簡易形態安定)を
形態安定とし
よりしっかり安定加工をする
形態安定を形状記憶と
している場合などがあります。

基本的な安定のかけ方は2種類なので
「普通」と「しっかり」と
覚えて頂ければ分かりやすいかと思います。

また生地やカーテンの仕様よってかけられなかったり
かけない方がおすすめの場合もあります。
そういったことのご説明も
もちろんさせて頂いています。


リンク:東リ カーテン見本帳「elure(エルーア) 2011-2014」発売
リンク:シンコール カーテン見本帳「abita ZIONE(アビタ)」リニューアル

現場:戸建てのお客様(初めてのご依頼)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/929-ff320463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック