奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
国内のカーテンを取り扱っているメーカー(商社)は
毎年6~7月に新しいカタログに切り替えることが多いです。
同時に新作発表会も開催することが多く、
今年は
川島織物セルコンのプルミエ、
スミノエのU-LIFE(ユーライフ)、
リリカラのFD(ファブリック デコ、通称FD)、
シンコールのabita ZIONE(アビタジオーネ、通称アビタ)
東リのプラスボヌール
manas(マナ トレーディング)のマナテックスVol.15
フェデポリマーブルのフェデリッコ04
などを見てきました。
それぞれの業者向けのセミナーも受けています。
やはりお客様にご提案するには
しっかりとそれぞれのメーカー(商社)のコンセプトを知り
それぞれの長短所を知ることが大切です。

今回はシンコールのアビタをご紹介します。

シンコールのabita ZIONE(アビタジオーネ、通称アビタ)主に一般住宅向けでは
シンコールは
Melodia(メロディア)とゆう
総合的なカタログと
アビタの2つあります。

アビタは
サブブックと呼ばれるカタログで
比較的お求め安い価格帯のもので
構成されています。
また、もちろん価格だけ重視ではなく
デザイン的にも
おすすめなものがあります。

その中から一部ご紹介します。
ヘッダーサンプル(ハンガーサンプル)に
しているので、
当店でご覧頂いたり、
お持ちして実際の窓に合わせてご検討頂けます。


左からトパロン、スオミ(旧)、スオミ(新)、アルパカ、ニューピコラ
左端)は新柄のトパロン、北欧調の生地です。
当店では主にコットン100%の北欧の生地も取扱っていますが
コットンは風合いや発色の良さはとても素敵ですが
反面、生地の伸縮が大きいデメリットもあります。
こちらの生地はポリエステル100%なので
そういった問題もなく使うことが出来ます。

左から2つ目)旧スオミ
真ん中)新スオミです。
やはり北欧フィンランドの国家である
すずらんが描かれている生地で
個人的にもアビタの中で最も好きな
デザインの一つです。
ブラック色も個人的に好きな色でしたが
こちらのデザインではあまり人気がなかったようで、
ブルーグリーン色に変更になっています。
生地によって人気が同じものもあれば
大きく違うものもあることが分かります。

右から2つ目)新柄のアルカパです。
輸入生地のように楽しく可愛らしいデザインです。
上がピンク色系で女の子向け
下がブルー色系で男の子向けです。

右端)継続柄のニューピコラです。
継続なのはそれだけ人気があるとゆう言い方も出来ますね。
特に地中海風なインテリアにはよく合うデザインだと思います。


左からジラフ、ラルグス、AZ-3553、AZ-3575~3577
左端)新柄のジラフです。
giraffeとは英語でキリンのことで
キリンの模様柄です。
こちらの生地ならば生地の柄の由来を
当ててもらう楽しみも作れますね。
また日本古来の亀甲柄にも近いので
そういった使い方も出来ると思います。

左から2つ目)新柄のラルグスです。
ざっくりしたボリューム感の素材感がある
遮光生地です。
ナチュラルな感じのお部屋にはもちろん
モダンなお部屋などにも
合わせやすい生地です。

真ん中)継続のAZ-3553です。
アイビーの葉が上部だけ刺繍されている生地です。
上から120cmまで刺繍がありその下は無地になります。
アイビーの2色あるグリーン色の刺繍が
とても綺麗な生地です。
腰窓(腰くらいまでの高さの窓)でも使えますが
掃き出し窓(床上までの大きな窓)でが
よりおすすめです。

右から2つ目)旧ヘッダーサンプルで
右端)新ヘッダーサンプルAZ3575~AZ3577です。
当店でもよく使うふしのある糸を使った素材感のあるボイルです。
麻のようなシャリ感が特徴です。
ナチュラルテイストにしたい時や
少しだけアクセントにしたい時におすすめのレース生地です。
ポリエステル100%なので麻のような自然素材に比べて
生地の伸縮が少ないのも特徴です。
こちらは中間色があまり人気がないようでそれが廃番になり
新たにもっと明るい白色が追加になっています。
当店では白色系のものが人気があります。


リンク:シンコール カーテン見本帳「abita ZIONE」6/21新発売(online interior bussiness news)

業界ニュース:ウインドウトリートメントカーテン
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/913-54c363ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック