奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
サイレントグリス 2205Nスマートタイプ+五洋インテックスIH336 01当店でサンプルで作った
サイレントグリス
2205Nスマートタイプの
プレーンシェードのメカです。

スイス本社のサイレントグリスは
ウインドウトリートメント(窓装飾)の
窓メカメーカーとして
世界的なリーディングカンパニーで
様々な特徴的な製品を
数多く作っています。


サイレントグリス 2205Nスマートタイプ+五洋インテックスIH336 01、2217コード付プラグローマンシェード(シェードカーテン)の
ヘッドレール(2170)は
国産メーカーと同様に
ベルクロ(マジックテープ)です。

画像はベルクロを外したところですが
スマートタイプ2205Nの大きな特徴は
回転パイプ(1003)に
コード付プラグ(2217)で
留めてあることです。


サイレントグリス 2205Nスマートタイプ+五洋インテックスIH336 01、2217コード付プラグを外したところ画像はコード付プラグを
回転パイプから外したところです。
とても簡単です。

お洗濯する場合は
複数のコード付プラグを
このように回転パイプから外し
下部のウエイトバーを外すだけで
楽々です。

お洗濯後に取付ける時には
回転パイプに青い目印があるので
そこにコード付プラグを留めます。


TOSO(トーソー)クリエティこちらは国内トップシェアの
TOSO(トーソー)クリエティです。
上から2つ目のスマートタイプと
同じ構図です。

ヘッドレールと巻取りドラムが
一体になっていて
この部分の昇降コードの取外しは
基本的には出来ません。
洗濯する場合は昇降コードを残して
幕体(生地)だけを取外します。
スマートタイプよりは
手間がかかります。


TOSO(トーソー)クリエティ、サイレントグリス スマートタイプなど当店に展示している
実物サンプルです。

ご紹介しているのが
左からTOSO(トーソー)クリエティに
サイレントグリス スマートタイプです。
ちなみに日本ではサイレントグリスは
TOSOの関連企業になっています。

今回スマートタイプのサンプルを作ったのは、
同じ内容でお客様宅に取付けたものが
とてもご好評だったためです。
生地は五洋インテックスの
IH336 01(IH337 01)です。
フランス リンダ社のボイル生地で
国産ボイル生地に比べて
キメが細かく耐久性がある生地です。
スマートタイプにピッタリの生地です。


サイレントグリス 2205Nスマートタイプ シェードの取外方法サイレントグリス スマートタイプ
シェードの取外方法です。

1、シェードを下まで降ろします。

2、ベルクロ(マジックテープ)で
取付けてあるシェードを
ヘッドレールから取外します。

3、スクリーンを外した状態
(※シェード裏のリングに通ってるコード付プラグは、
そのままの状態でアジャスタリングからも
外さないで下さい。
外しますと取付けの際
リング通しと調整が必要になります)。

4、回転パイプに付いている
コード付プラグを全て外します
(プラグを掴んで下に引いて外して下さい)。

5、シェード最下部に入っている
ウェイトバーを取外します
(左右どちらからでも外せます)。

6、洗濯、クリーニングは生地(幕体)に
縫いつけてある洗濯絵表示に従って下さい。
ご家庭で洗濯が可能な生地(幕体)の場合は
必ずネットに入れて下さい。


サイレントグリス 2205Nスマートタイプ シェードの取付方法サイレントグリス スマートタイプ
シェードの取付方法です。

1、シェード下部のウエイトバーを入れます
(左右どちらからでも可)。

2、ビードチェーン(窓側)をジョイントが
昇降ガイドに当たるまで下に引きます。

3、その際、回転パイプの
コード付プラグ取付溝が下を向くようにします。

4、コード付プラグを回転パイプの
ミゾ内のシール位置に「パチッ」と音がするまで
押し込んで取付けます。

5、シェード上部のベルクロ面を
ヘッドレール上部のベルクロ面に
しっかり押しつけて取付けます。

6、最後にアジャスタ部で
コードの張り具合を調整します。

7、以上で取付完了です。


業界ニュース:ウインドウトリートメントメカ
業界ニュース:ウインドウトリートメントカーテン
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/887-66660d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック