奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
今年もJAPANTEX(ジャパンテックス)に行ってきました。
ホーム・ビル&インテリアWEEKと同時開催でそちらも見ました。
主に見て回った順での掲載です。


ヤヨイ化学
昨年は見ましたが、今年は時間の都合上割愛しましたが、
壁紙張りの実演施工(職人向け)をしてるのはいいですね。
ヤヨイ化学の壁紙下地材で注目しているコアシート(と専用糊タフタ)
についてもよく聞いてきました。


極東産機のAC-1極東産機の40年前の初代
壁紙自動糊付機AC-1です。
壁紙に糊を付ける技術は
手(ハケ)で付ける
→手動糊付機で付ける
→自動糊付機で付けると
進化してきましたが、
今では自動糊付機は一般化し
極東産機はそのパイオニアです。

当店でも2代目の自動糊付機
元気に動いています。




アシスト金物
見切りの金物で定番のメーカーです。
LED内蔵の階段や手すりの見切りも
展示会で見かけるので見慣れてきました。
先日、真鍮(金色)の見切り材を使いましたが
アシストはそのラインナップも随一だそうです。


エスケー化研のSKカイテキテイラーエスケー化研の
SKカイテキテイラーです。

珪藻土の100倍以上の
表面積を持つ
多孔質セラミックの効果で
高い調湿効果があります。

エコカラットなどに比べ
薄く軽いのも特徴です。
施工もメーカーサイドでの
責任施工となっています。




ニチベイ レフィーナ ツインスタイル ワンチェーン式3大国内窓メカメーカーのニチベイは
やはり新発売のレフィーナを
軸にした展示でした。
ハニカム構造で高い断熱効果があり
待望の3大国内窓メカメーカーから
ついに出たハニカムスクリーンです。

こちらはツインスタイルの
ワンチェーン式。
降下時の最後
床にボトムバーが当たる時の
音がややありますが
ワンチェーンでの
お手軽操作は大きな魅力です。


ニチベイ レフィーナ ツインスタイル チェーン式こちらはツインスタイルの
チェーン式です。

チェーンとコードの併用です。
チェーンが全体の昇降、
コード操作が中間バーの昇降です。

中間バーの昇降がやや重いですが
従来からの操作方法なので
安心感のある操作方法と
言えると思います。


ニチベイ レフィーナ カラーラインナップレフィーナの
カラーラインナップです。
機能としても
不透明(採光)、
遮光、
シースルーと
揃っています。

また、画像にはないですが
ニチベイにも
グラデーションブラインドが
来月から発売になり
3大窓メカメーカー全てで
扱うようになりました。




東京ソーイングカーテン はずせるカーテン プルック昨年も見ましたが
東京ソーイングカーテンの
はずせるカーテン プルックです。

不慮の首にかかる事故などを防ぐ
ことを目的に作られたもので
カーテンを簡単に外せるのが
大きな特徴です。
国内ブランドメーカーなら
大体こちらを指定出来るようです。

アジャスターフックだけではなく
縫製も込みとなっています。
アジャスターフックだけプルックで
縫製は通常の場合は
ヒダ山をつまんで引っ張って外すのは
OKのようです
(つまりカーテン自体を引っ張ると
プルックの破損につながる)。


はずせるカーテン消火左)カーテンを外して
消火に用いるものもあるそうです。

右)プルックのデータです。
ほとんどの生地で使用でき
東京ソーイングカーテンで
専用縫製を行います。
1フックあたり約2.7kgの力で外れ
通常のカーテン使用で違和感なく
外そうとすると外れる
ちょうど良い負荷重量です。
通常のアジャスターフックと同じで
無理な使い方は破損につながる
場合もあります。




YKKap内窓プラマードUやはり窓周りの断熱には
必ず候補に入る内窓です。
YKKapのプラマードUです。




シンコール モザイカシンコールのモザイカです。

シート状になっているものを
張るだけの簡単施工で
モザイクタイルのようになります。

シンコールには他にも
天然石をスライスした
スライスストーン、
デコラティブな
養生テープがベースのmtなど、
リーズナブルで
オリジナリティのある
壁装材が多くあります。




フジエテキスタイル
特に目新しい展示はありませんでしたが
シンプルでエレガントな路線に
ワールドファブリックスの
新しい華やかさが加わり
注目しています。
ジャパンテックスでは初めて見かけましたが
今後も期待しています。


3大窓メカメーカーのタチカワブラインド
最近発売になった
ベネシャンブラインド(横型ブラインド)の
パーフェクトシルキーがメイン展示でした。


東リ
ノンワックス(ワックス不要)の
長尺シートがメイン展示でした。


スミノエ
特に目新しいものはなかったですが、
今回から規制緩和された
ブースの高さ制限を活かした
見事な展示でした。
私も含めて、スミノエが良かったとの声は
よく聞かれました。
また、スミノエらしいデザイン力の高い
ファブッリクス、床材は大きな魅力でした。
個人的に人工芝のタイルカーペットの
クオリティの高さに驚きました。


ルノン・3M
私もよく使ってますが
襖紙の「凛(りん)」が再評価されている点が良かったです。
一番価格がこなれている新鳥の子よりも
若干金額を足すだけでこちらを使用出来るのでおすすめです。
3Mではガラスフィルムについて聞きました。
防犯率が上がっているとのことで
防犯用のフィルムは需要が下がっているそうです。
やはり昨今の遮熱などの節電につながるものが人気だそうです。


3大窓メカメーカーのTOSO(トーソー)は
最近特に力を入れている
リーズナブル価格シリーズCOLT(コルト)を
あえて外した展示でした。
合同開催のホーム・ビル&インテリアWEEKを考えて
よりコントラクト向けに訴求を考えたようです。
関連企業のサイレントグリスの新しいロールスクリーン
展示されていました。


サンゲツ
今年でハイエンドカーテンシリーズの
ROMANE2(ロマネ)が終了してしまいますが、
来年のメインブックのAria(アリア)に入る予定の生地が
いくつか展示されていました。
かなりデザイン・質共に驚きのものも多く
来年が大変楽しみになりました。

WALPA(ワルパ)のSCRAPWOOD WALLPAPER(スクラップウッドウォールペーパーを張った車)WALPA(ワルパ)の
SCRAPWOOD WALLPAPER(
スクラップウッドウォールペーパー)
を張った車です。

壁紙を車に張って、耐久性のために
ニスを塗ってるそうですが
とても斬新です。

壁紙を自分で張るDIYを
推奨していますが
インテリア業界でも
ブームになっています。
企業姿勢もまずは
トライするスタイルで
とても注目しています。
開かれていた壁紙教室も
大盛況でした。

東京、大阪に続き
名古屋にもショールームを
オープンするようです。




吉野石膏タイガーフロアシステム吉野石膏の
タイガーフロアシステムです。

天井・壁面の下地材に
PB(プラスターボード
・石膏ボード)を使うのは
一般的ですが、
床材の下地材でも使えます。
通常のものよりも
耐久性のある
スーパーハード
(とサウンドカット)を
使用します。
施工性も良いのも特徴です。




Roll Screen Mieru 進弘産業進弘産業の
Roll Screen Mieru
(ロールスクリーン見える)です。
レーザーカット+熱圧着技術で
裏生地があり
自由に生地をアレンジ出来ます。
この他にも高いレーザーカットの
技術力が分かる展示もありました。

当店のカーテンなどの縫製を
して頂いてもいます。
ハイレベルな技術力のある
会社です。




南三陸ミシン工房 ミシンでお仕事プロジェクト南三陸ミシン工房の
ミシンでお仕事プロジェクトです。

カーテン専門店などの有志が
ハギレなどの提供を行い
ミシンで被災地の方々が製品化し、
その売上げを送るプロジェクトです。
ただ寄付するのではなく
現地に仕事が生まれるのが
大きなポイントです。

風化しないように
細く長く続けるのが大事だそうです。


リンク:「JAPANTEX2012」開催中 相乗効果で会場内は盛況(online interior bussiness news)
リンク:「JAPANTEX2012」閉幕 総来場者数は3万3372名に(online interior bussiness news)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/820-bafab43e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック