奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
既存の畳既存の畳(たたみ)です。

畳もいいですが
やはり昨今は
フローリング調の床材が人気ありますね。
新しくします。


↓床下地作成
床下地作成床材の厚みも考えて(3mm)
角材と合板の高さを考えています。

既存の高さが大よそ
58mm程度なので
イーニッサン(一寸二分×一寸三分)
の一寸三部方向(およそ40mm)に
12mmの合板を張っています。
仕上げ材の3mmと合わせて
大よそ55mmの高さになります。

床材が見切り部分を越えないように
考えて高さを決めます。


↓置敷き床タイルへ(ピールアップボンド工法)
リリカラ レイフロアLAY-87306リリカラ レイフロア
ウィンディーメイプルLAY-87306です。

部屋の中で使いますが
土足にも対応している
強度があります。

さらにピールアップ(簡易接着)
工法なので、
傷んだ箇所だけを
1枚単位で交換することも簡単。
ケース(箱)の余りを
ストックしておけば、
そういった用途にも使えます。

複数の住戸がある賃貸物件には
同じ色で決めておけば、
無駄なく使っていくことが出来ます
(出荷単位は箱単位約3.01㎡)。


ウェブカタログ:リリカラ→インテリア事業部門→カタログ紹介→床材→リリカラレイフロア
リンク:リリカラの新商品
現場:アパートBTの1戸(3回目以上のご依頼)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/767-13b08431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック