奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
ベネシャンブラインドのスラットサンプルとシルエットシェードのファブリックサンプル新規にベネシャンブラインド
(横型ブラインド)取付けです。

隣の別フロアには
ハンターダグラスの
シルエットシェードが付いていて、
外から見て窓の色を合わせるため
それぞれサンプルを比較しています。
実際に光を通すと
シルエットシェードはより淡く見え、
通常見ない表より裏からだと
若干ですがさらに淡くなるので
ブラインドも明るめの色をセレクト。


タチカワブラインド シルキー25mm標準タイプT-2350(遮熱コート)ベネシャンブラインド
(横型ブラインド)
新規取付5台です。

排煙窓(上部2つの窓)
の下2台は正面付け
他3台は天付けですが
違和感のないように
高さを合わせています。

スラット(羽根)は
遮熱コートのものに
しています。


シルキー ポール式操作はメンテナンス性を考え
コードとバトンが別々のポール式。

排煙窓には若干の出っ張りがあり
ブラインドのヘッドボックス
近辺だけ干渉します。
幅のクリアランス(余裕)が
ブラインドには必要ですが、
ここにはあまり必要ではないので
なるべくぎりぎりにしています。
出っ張り以外は少し下の幅は広がり
ちょうど良いクリアランス寸法に
なっています。


ボトムレールと操作コードポール式の場合、
ボトムレール部分は
サイド(横)側から出ています。
実際はスラットの昇降時に
スラットが当たらないように
クリアランスを取るので
ぶつかることはないのですが
こちらの寸法は
僅か2mm程度ですが
一応頭に入れています。

最近は5mm単位のものが
増えてきましたが、
国内の主要窓メカメーカーは
1cm単位が多いです。
ただ測るときは基本的に
mm単位です。
そして1cm短くするのか
1cm長くするのか
見栄えと操作性を
よく考えています。


ウェブカタログ:タチカワブラインド→(製品情報)デジタルカタログ→(ヨコ型ブラインド製品)シルキー→P202のT-2350ピュワホワイト色(遮熱コート)
現場:ビルの1フロア(2回目のご依頼)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/736-cdcf6411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック