奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
既存のC型カーテンレール前々回の続き
内窓(インナーサッシ)を取付けたピアノ室です。

やはりC型カーテンレールで経年もあり
ランナーの滑りが悪いので
レースカーテンと共に
一緒に交換取付します。
こちらの窓は型板ガラスなので
既にドレープカーテンは不要で取り外しています。


↓レースカーテン・カーテンレール交換取付
TOSO(トーソー)ネクスティのプレーンホワイト色(カーテンレール)とニーディックのリュバンIM4901(レースカーテン)レースカーテンが
NEED'K(ニーディック)の
IMECA(イメカ)より
Ruban(リュバン)IM4901です。
1.2倍のフラットカーテンで
お作りしています。
カーテンレールはTOSO(トーソー)
ネクスティのシングルです。

カーテンストッパーを上手く利用して
カーテンレールの端の方にヒダを寄せ
中央部分は1.0倍に近い
フラット気味にして
リュバンの生地をよく見せるようにし、
また全体でのメリハリを付けています。
マグネットタッセルでも
よく使われるやり方です。


ニーディックのリュバンIM4901(レースカーテン) の表情リュバンのアップ画像です。
様々な意匠糸と刺繍技法を用いた
エンブロイダリー
レースカーテンです。

内窓(インナーサッシ)が
プライバシー性のある
型板ガラスにしたので、
常に採光を保ちながら
デザイン性が高いリュバンを
お部屋のアクセントにしています。


TOSO(トーソー)エリートのプレーンホワイト色(カーテンレール)とニーディックのリュバンIM4901(レースカーテン)ピアノ室にあるもう一つの窓です。

こちらはドレープカーテンは
既存のものをそのまま用い、
リュバンを手前にする
フロントレース(逆吊り)
にしています。

画像の位置に
カーテンストッパーを入れて
窓設置型のクーラーの
ギリギリの位置に
合わせやすいようにしています。
クーラーを使わない時は
クーラーもカーテンで目隠しします。

カーテンレールは
TOSO(トーソー)のエリートのダブルです。
NTダブルブラケットと呼ばれる
カーテンレールを取付ける部材を用いて
なるべく上の梁(はり)との
距離を短くしています。
ランナーが回らないので
フラットカーテンには
やや不向きなカーテンレールですが、
あまり幅もなく目線の高さの腰窓なので
手で比較的楽に調整が出来ることを考え
こちらのカーテンレールをセレクトしました。


ウェブカタログ:NEED'K(ニーディック)→JAPANESE→Collection→Index→IM 4901 リュバン
ウェブカタログ:TOSO(トーソー)→製品一覧・WEBカタログ→(カーテンレール)WEBカタログ→機能性レール→P290のネクスティ・P296エリートのそれぞれプレーンホワイト色
前:サイレントグリスのカーテンレール交換・新規取付
現場:マンションのお客様(初めてのご依頼)(FACEBOOKのまとめページ)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/662-d7d6e7c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック