奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
洗面所の片開き窓洗面所の片開き窓です。
ロールスクリーンをご希望でしたが、
カーテンボックスと片開き窓の距離が近すぎて
天井付け(カーテンボックス付け)だと
取付け出来ません。
正面付け(壁付け)だと取付けは出来ますが
ロールスクリーンを降ろした時に、
片開き戸のハンドルに当たってしまいます。


↓ロールスクリーン新規取付
タチカワブラインド ロールスクルリーンラルク新規取付ライフRS-5218ホワイトフラックス(ウォッシャブル) 正面付けで逆巻きにしました。
通常は本体ロール部分の後ろ側に
スクリーンが来るのですが、
「逆巻き」と言って
本体ロール部分の前に
スクリーンが来るようになっています。
タチカワブラインドだと
カタログ記載がないのですが
生地で対応していれば製作出来ます。

画像の通り寸法に余裕はないですが
ロールスクリーンを上まで上げると
問題なく片開き窓を開閉出来ます。


タチカワブラインド ロールスクルリーンラルク新規取付ライフRS-5218ホワイトフラックス(ウォッシャブル)その2ロールスクリーンを降ろした画像です。
ロール本体の厚み分
スクリーンが前面に出るので
その厚み分で開き戸の
ハンドルに当たりません。

通常ですとロール本体の部分は
スクリーンの
裏側の生地になるのですが、
逆巻きですとロール部分も
そのまま表生地なので
デザイン的にも綺麗です。

ロール本体分、
スクリーンが前に出ている
つまり窓からの空間が開いているので
光漏れを考慮して
ロールスクリーンの幅を
大きめにしています。


ウェブカタログ:タチカワブラインド→(製品情報)デジタルカタログ→ロールスクリーン ラルク→P137ライフのRS-5218ホワイトフラックス(ウォッシャブル・プライバシー採光ランク)標準タイプチェーン式
リンク:タチカワブラインド ロールスクリーン・バーチカルブラインド(縦型ブラインド)リニューアル
前:内窓用のベネシャンブラインド(横型ブラインド)新規取付
次:カーテン新規取付
現場:ビルのお客様(初めてのご依頼)(FACEBOOKのまとめページ)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/644-f0a4a417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック