奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
ポンリュームE3051


ポンリュームE3051

既存のクッションフロア(CFシート)が

経年で傷んでいたので張り替えました。

今回のようなクッションフロア→クッションフロアの他に

フローリング→クッションフロアもよくあります。


色は

建具(収納ドア)と

巾木(壁と床の間の見切り)の

色に合わせています。

居住スペースはフローリング調で施工することが多いです。

一見するとフローリングに見えますが

踏むとクッション性のあるクッションフロアです。



ポンリュームS3315

玄関もクッションフロアですが

耐摩耗性のある土足対応のものにしています。


タイル調にしています。

居住スペースと同じ

フローリング調にしてしまうと

メリハリがなくなってしまうので

玄関はタイル・石調のものを使うと良いです。



クリック→→シンコール ポンリューム カリンE3051(フローリング調)←←クリック

クリック→→シンコール ポンリューム モルタルタイルS3315(タイル調)←←クリック

シンコール(上記リンクがリンク切れの場合はこちらからご覧下さい)





もう少し深く:

メリット:様々なデザインがあり色々選ぶことが出来ます。

フローリングに比べるとクッション性があり体に優しいです。

軽度の耐水性があり何かこぼした時にも拭き取ることが出来ます。

価格が床材の中で比較的リーズナブルです。


デメリット:

素材感が好まれないことがあります(塩化ビニル床材)。

いわゆる〇〇調で本物ではないことが好まれないことがあります。

基本的に全面張り替えになるので部分張り替えには不向きです。



メリット、デメリットをご理解頂いてお選び頂ければと思います♪。

もちろんご希望で他の床材も比較しながらご提案致します。



今回の施工のまとめ:賃貸物件でも快適さをプラスアルファです♪

現場:アパートPKの1戸(3回目以上のご依頼)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/1458-afa79ac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック