奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
伊勢志摩サミット開催中ですが

安倍晋三首相は昨日26日来年4月に予定されている

消費税率10%への引き上げを再延期する意向を固めたそうですね。

追伸:その後の報道によるとまだ決めたわけではないそうでした。


一方、個人的に注目してるのは

国の奨学金事業には有利子・無利子の「貸与型」しかないそうで

来年度にも低所得者層支援を拡充のため

給付型奨学金の追加を検討とのこと。

「奨学金により多額の借金を負うことを躊躇(ちゅうちょ)し、

進学を断念することがあってはならない」とのこと。


よりよい未来になっていくために

今後も国の予算については

関心を持っていたいなと思っています。



それでは、本日のご紹介!です。


張替え前のダイニングチェア 張替え前の

 ダイニングチェアです。

 特に座面が傷んでいますね。



↓座面クッション材作成
クッション材作成

既存の生地・クッション材を剥がしてから

新しいクッション材を作成しています。

画像は座面のクッション材です。


クッション材作成

横から見ると分かりますが

中央部を大きくしています。

イスにもよりますが

この方が座り心地・デザイン性共に良くなります

(この後さらに柔らかいウレタンで包んでから生地を張ります)。



↓ダイニングチェア張替え完了
張替えたダイニングチェア

フレーム・生地はしっかりしていても

その中は見えないので

中のクッション材が弱い場合もよくあります。

基本的には中のクッション材は

元々のものよりほとんどの場合よくなることが多いです

(ご希望で全く同じにすることもあります)。


大量生産ではなく

一つ一つ手作りで張替えているメリットであると思います。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/1199-905890be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック