奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
先週タチカワブラインドの新作発表会に行ってきましたが

今日はTOSO(トーソー)の新作発表会に行ってきました。

同じ窓メカ(カーテンレール、ブラインドなどの)メーカーです。

ネクスティ新色

タチカワブラインドでは既に出てますが

最近人気のアッシュ系なものが主力のネクスティ・エリートに

新色で追加されました。

やはりこういったトレンドは抑えていますね。




カバートップセット

カーテンレールのカバートップですが

こちらもタチカワブラインドと同じように

今回からよりピッタリになって遮蔽性がアップしてますね。

以前は熱の伸縮で隙間を空けておくようにとのことでしたが

そういった対策はもうしなくていいそうです。


画像にはないのですが

カーテンレールの途中でピタッと固定できる

ネクスティ用中間ストップ、

カーテンレールではなくブラケット(取付金具)に

ブラインド・ロールスクリーンなどを取付けられるマルチブロックなど

細かい所の独自性で感心する新製品もあり

さすがカーテンレールでトップシェアのメーカーだと思うところがありました。



ローマンシェード

ローマンシェード(シェードカーテン)のメカ部品でもTOSOはトップシェアです。

今までのものと新しいものとの比較がありますが

操作がかなり軽くなって使いやすくなっていました。

簡単に左右操作を変更することも出来るようになったそうです。





ここからはスイスのメーカーでサイレントグリスの製品です。

TOSOと同じようなメーカーなのですが

特徴的なものが多くあります。

TOSOと資本関係にあるので一緒に展示会をしています。

インフィニティ

少し分かりづらいですがインフィニティです

(銀色のカーテンがかかっているカーテンレール)。

角度を30度単位で可変できるので

傾斜天井などにも取付け出来ます。



リブレール

奥から2本目のカーテンレールが

リブレール(吊りレール)なのですが

3cmほどだけ空いています。

一般的なメーカーのものですと

このように少しだけ空けるといった取付けは出来ないです。


TOSOや他の国産のカーテンレールでも上手く対応出来ない

サイレントグリスのカーテンレールで考える

とゆうことが必要に応じてあります。

品質的にも世界品質なので安心・安定感があります。




業界ニュース:ウインドウトリートメントメカ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/1198-7d4cd17e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック