奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
木製フェンス 仮組み

小さなお子様への安全対策

1、安全対策1・階段にカーペット張り

2、安全対策2・内窓手すり取付け

とご紹介してきていますが

続いて木製のフェンス取付けをご紹介します。


階段の片側がオープンになっていて

特にお子様が飛び降りるのを防止する意味合いと

転落の防止です。

階段の下側は不要とのことで階段上部のみです。

本来なら踏面(ふみづら、階段の足を踏むところ)に

取付けるのが望ましいのですが

スペース的に余裕がないため

階段の外側に取付けます。


実際取付けるものより

柔らかく細い木製の角材で仮組みして耐久性を測っています。

このまま数週間過ごして頂き問題がないかテストしました。


↓階段に木製フェンス取付け
木製フェンス

仮組みのものを取り外して

木製フェンスを取付けました。

性能と価格のバランスからビーチ(ブナ)材で作り

ウレタン塗装で仕上げています。

こちらは1本ずつ出来上がっているものを

現場で組み立てて取付けています。





木製フェンス

こちらも木製フェンスですが

こちらは廊下上から万が一にも

下に落下することを防止するためのものなので

110cmまでの高さでは

11cm以下の間隔であることを考えて作っています

(お子様の頭がすり抜けない大きさ)。

参考リンク:手すり子の間隔あなたの明日が動き出す 「All About」

ベランダやバルコニーなどの基準であって窓へのものではないのですが

この基準をベースに考えています。


この後ウレタン塗装をします。


↓2F廊下木製フェンス取付け
木製フェンス


木製フェンス


↓3F廊下取付け
木製フェンス


木製フェンス

安全はもちろん

デザイン的にもそれぞれ

住居に違和感なく

まとまった雰囲気に作れていると思います。






戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)

それぞれ安全対策の工事をご紹介しています。

1、安全対策1・階段にカーペット張り

2、安全対策2・内窓手すり取付け

3、安全対策3・木製フェンス取付け←現在こちらの記事をご覧頂いています。

4、安全対策4・カーテンレールを応用した安全対策

FACEBOOKのまとめページも作っています。

一見分からないけど工夫している一例をご紹介しています。

こちらもよろしければ合わせてご覧下さい。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/1132-3534ea3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック