奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
前回ご紹介したカーテンレールにカーテンを取付けます。

夏の暑さ及び西日対策です。

今回は

1、障子の手前に取付けること(元々外が見えない)

2、お部屋に他の窓があるためそこから採光が取れる。

1、2の条件を考えて遮光カーテンにしています。


日中に遮光カーテンを使う場合

メリット:遮熱レースカーテンなどに比べ効果がある

デメリット:日中使うと暗くなる(一般的に日中は明るい方が好まれます)

となります。

特にメリットは逆に思っている方が多いので

ご説明する機会も多いです。


また、冬場は日照の力が弱いので

遮光カーテンを使わずに日照を入れるよりも

遮光カーテンで断熱する方が

お部屋の保温効果があることも考えています。

スミノエ U-Life U-4247シリーズ

遮光カーテンの

ヘッダーサンプル(ハンガーサンプル)を複数お持ちして

今回はスミノエのU-Life(ユーライフ)の

U-4247シリーズからお選び頂きました。

マットな質感がスタンダードでクセがない

使いやすい生地です。


スミノエU-4251

対策がより必要な2Fの和室には

ダークブラウンのU-4251を選びました。

遮光1級です。

遮光は1~3級まであり

数が少ない方が効果がよりあります。


スミノエU-4250

1Fの和室には色ちがいのU-4250です。

こちらは遮光2級です。


それぞれのカーテンには

形態安定加工(スミノエではドレスアップ10加工)を

かけてあります。

カーテンをお使いの時はより美しいドレープ(ウェーブ)になり

カーテンをたたんだ時にもよりまとまりやすく綺麗になります。




TOSO(トーソー)のマグネットタッセル

カーテンを束ねるタイパック(タッセル)は

TOSO(トーソー)のマグネットタッセルにしています

(画像はTOSOのHPより引用)。

ちょうど窓台(障子とカーテンの間の腰くらいの高さ部分)があるので

マグネットタッセルを使わない時に

その都度カーテンに取付けるのではなく

窓台に置いておけるので

画像の説明よりもより気軽に使えることも考えています。



遮光カーテン2重吊り

後日談ですが

お客様のご要望で

2Fの和室に1Fの和室と同じ色のものを取付け

遮光カーテンの2重吊りにしました。


1重でも効果がありますが2重にすれば

もちろんさらに断熱効果を期待出来ます。

カーテンは自由に取り付け・取外しが出来るので

このように様子を見ながら足すことも出来ます。




何回かに分けて

カーテンのお取付けについてご紹介しています。

現場:戸建てのお客様(2回目のご依頼)

1、カーテンレール新規取付け

2、夏の暑さ及び西日対策に遮光カーテン←現在、こちらの記事をご覧頂いています。

3、FISBA(フィスバ)のシアーカーテンについて
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/1104-088ab06c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック