奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
今夏は猛暑ですが

東京は7月17日以来真夏日(最高気温30℃)が途絶え

今日の最高気温は27℃の予定です。

これからの残暑に備えて今日は少し一息付けそうです。


それでは、本日のご紹介!です。


日立のエアコン

エアコンのなかった部屋に

新しくエアコンを取付けました。

いつもはダイキン、パナソニックなどが多いですが

今回は日立(日立製作所・HITACHI)のものです。

今回の設置場所は2Fです。



エアコンを取付け際に確認することがいくつかあります。

1、エアコン専用の電源は有るか。

エアコン用の電源が必要です。

200Vのエアコンの場合は

コンセントやブレーカー(分電盤)が

それに対応できるかどうかの確認も必要です。


2、部屋の大きさに合わせたエアコンを選ぶ。

今回は小さいお部屋なので

一番小さい22サイズにしています

(100Vになります)。


3、壁にエアコン配管用の穴があるか確認します。

ない場合は穴を開ける必要がありますが

建物の構造上の問題や

マンションの規約などで出来ない場合もあります。

画像には写っていませんが

(エアコンの後ろ側になります)

今回は空いていたのでそれを利用しました。


4、室外機の設置場所を考えます。

通常はベランダがあればそこに置きますが

今回はなかったので選択肢が3つありました。

一、建物壁面に専用の台を使って取付け。

二、1Fまで配管を伸ばしてそこに設置。

三、建物の反対側まで配管を伸ばしてベランダに設置。

建物の特徴とそれぞれのメリット・デメリットを考えて

今回は二を選びました(室外機の画像は撮り忘れてありません)。

また室外機は隣家との兼ね合いあるので

そのことも考慮しています。

新規でのベランダのない

室外機の位置は実は色々考える余地があります。




現場:アパートASの1戸(3回目以上のご依頼)

リフォーム工事をご紹介しています。

1、キッチン交換取付け

2、洗面化粧台交換取付け

3、TOTO(トートー)ウォシュレット交換取付け

4、テレビドアホン交換取付け

5、エアコン新規取付け←現在、こちらの記事をご覧頂いています。

その他、その他の今回の工事をFACEBOOKのまとめページでご紹介しています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/1102-697251ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック