奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
仕事関係の方々や家族でも
年末年始でインフルエンザに罹った方々は
たくさん聞きましたが
東京都でインフルエンザの
「流行警報」発令が発令されたそうです。

新型インフルエンザが流行した2009年を除き、
感染症法に基づく調査が開始されて以来、
もっとも早い流行警報だそうです。

先月22日から28日までの1週間に
都内の419カ所の医療機関において
インフルエンザの患者数が
1つの施設当たり32.9人となり前週から1.5倍以上となってるそうです。
また、都内の今シーズンのインフルエンザウイルスの検出状況は、
AH3型が96.0%、B型が4.0%となっているそうです。

基本的なことですが
人ごみはなるべく避ける
避けられない場合はマスクをする
帰宅時には手洗い・うがいをすることが大事なようです。

それでは、本日のおすすめ!です。


シンコール「Melodia(メロディア)2014-2016」シンコールの
オーダーカーテン見本帳
Melodia(メロディア)が
昨年にリニューアルしています。

防炎比率98%
ウォッシャブル比率97%と
安全・安心にお使い頂けます。

その中からヘッダーサンプル
(ハンガーサンプル)を
いくつか作っています。


メロディア ヘッダーサンプル集1
左端は
セーヌML-9015(9014)です。
萩をボーダーに並べ
光沢のある糸を使った上品な生地です。
遮光2(3)級です。

左から2つ目は
クラーヴォML-9097(9096)です。
大きく咲き乱れるカーネーションを
豪華に高密度の先染めで織り上げています。

左から3つ目は
ピエッサML-9126(9127)です。
春の花壇を連想させる花々を繊細にプリントしています。
同柄のボイル(薄い生地)もあります。

右から3つ目は
ヒョウML-9130(9131)です。
ジャングルの中にヒョウが潜んでいます。

右から2つ目は
プルメリアML-9135(9134)です。
南の国の花プルメリアのプリント柄で
明るくお部屋を彩ります。

右端は
エピックML-9226(9225)です。
ナチュラルな素材感の糸で葉モチーフを表現し
ベースの市松模様とのコントラストが綺麗です。


メロディアヘッダーサンプル集2
左端は
風景ML-9240(9241)です。
水彩画のようなタッチで
ナチュラル感あふれるヨーロッパの風景を描いてあります。

左から2つ目は
オンダML-9275(9276、9277)です。
日本古来の伝統文様の「露芝」をモチーフにしています。
着物やふくさをイメージしたカラーリングになっています。

左から3つ目は
ナスキーML-9401(9402)です。
通常の生地に比べて
夏場は太陽の熱線をよりカットして
室内の温度上昇を抑えて、
冬場は室内の暖気をより逃さす
保温効果を高める生地です。
流れるようなリーフの生地です。
遮光2級です。

右から3つ目は
ステファML-9419(9417、9418)です。
収縮させることによって立体感を出し
ヨコ糸に表情のある生地です。
遮光1(2、1)級です。

右から2つ目は
ML-9623(9622)です。
ヨコ糸に太細のあるスラブ糸で表情を加えた
透過感の美しい生地に花たちをプリントしてます。
「ピエッサ」と同柄になっています。

右端は
ML-9628(9629)です。
遮熱機能のある生地に
流れるようなリーフをプリントしてます。
「ナスキー」と同柄です。


「ヒョウ」と「風景」のアップ
それぞれご紹介した
「ヒョウ」と「風景」のアップ画像です。
動植物や風景なども
この程度の色の感じなら
デザイン性がありながら
強調しずぎずないので
大きな違和感のご心配もなく
お使い頂けると思います。


シェピール
シェピールML-9082(9081)です。
ユリ、シャクヤク、サクラソウを
エッチングのように繊細に表現した
緻密な織物の生地です。

こちらはリバーシブル柄になっています。
左側が表、右側が裏です。
両側から綺麗に見えるようにしたい場合にも
おすすめの生地です。


リンク:シンコール オーダーカーテン見本帳「Melodia」新発売(online interior bussiness news)

業界ニュース:ウインドウトリートメントカーテン
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://interior-yamada.info/tb.php/1057-c5722c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック