奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
内装リフォームの現場ですが本日が施工最終日です。

今回のようにカーテンなど窓周りのものがある場合は

基本的に施工作業のほこりなどで汚れないように

最後に取り付けます。



カーテンレール取り付け

ホームセンターなどでは

伸縮するカーテンレールも売っていますが、

プロはそういったものは基本的に使いません。

窓に合うようにピッタリにカーテンレールをカットします。

現場でカットすることもありますし

今回のように事前に店内でカットすることもあります。



カーテンレール取り付け

ご希望で

和室の鴨居にカーテンレールを取り付けます。


ブラケットと呼ばれる金具をまず取り付けるのですが

あらかじめ鴨居の溝の大きさに合わせて作った

木材を下地にして取り付けています。

この木材はメーカー品ではなく当店でのハンドメイドです。

今回はここが一番のポイントです。



カーテンレール取り付け

ブラケットにカーテンレールをはめ込みます。

天付けダブル(2本)付けです。

今回レースカーテンは取り付けませんが

将来的に必要になるかも知れないとのことでダブル付けです。



カーテン取り付け

カーテンを吊り込み完了です。


遮光1級の生地です。

遮光1級(遮光は1~3級あり、1級が最も性能が高いです)でも

完全に真っ暗にはならなくて

日中ならばこのように生地自体は明るくなります

(完全遮光で全く変わらない生地もあります)。

もちろん事前にご説明してあります。

夜だけお使いの場合はあまり問題ありませんが

日中の使用が想定される場合はご注意頂くポイントです。