奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
既存のカーテン吹抜けにカーテンがかかっています。
ドレープカーテンの丈が短いようです。

画像にはありませんが、
向かって左側は階段になっています。


足場窓の下には幅が狭いですが、
足場を設けてあり、
ここに乗って作業をすることが出来ました。

これがない場合は、
はしご(脚立)を使うか
足場を組む必要があります。


↓ドレープカーテンをプレーンシェードカーテンへ
プレーンシェードカーテン1ドレープカーテン及び
ドレープカーテン用の
カーテンレールを取り外し
(レースカーテンと
レースカーテン用のカーテンレールは
そのまま使用)、
プレーンシェードカーテン
(ローマンシェード)
を取付けました。


プレーンシェードカーテン2真ん中まで上げてみました。

向かって左側が階段になっていて、
そこからドラム式の
チェーンを操作することで、
生地の上げ下げも思いのままです。


プレーンシェードカーテン3一番上まで上げてみました。

今までは
カーテン生地を動かすことが
出来なかったため、
採光の調整が出来ませんでしたが、
これからは
気軽に採光の調整をして頂く事が
出来ると思います。

※画像だとウエイトバーの一部が
出てしまっていますが、
この後直してあります。


戸建てのお客様(初めてのご依頼)
玄関ドア交換取付前一見すると分かりづらいですが、
ドアの表面が風化して
粉を吹いています。

ドアも腐食して閉まらなくなっていて、
部分的にテープで応急処置して、
何とか閉まるようにされていました。


↓玄関ドア交換取付後
玄関ドア交換取付後交換取付けしました。
トステム ロンカラー フラッシュドアシリーズの
ポスト・アイ付きです。
今までは、ガラリも付いていましたが、
現在はガラリ付きもしくはポスト・アイ付き
のどちらかの選択なので、
ポスト・アイ付きを採用しました。

その名の通り、
ドアに簡易ポストと
来客時に中から確認出来るドアアイ
が付いています。


アパートSMの1戸(3回目以上のご依頼)
リリカラ カスタム縫製仕様カーテンリビングのリリカラのカーテンです。
他の洋間のお部屋は
通常のレギュラー縫製ですが、
リビングはご来客もあると思いますので、
カスタム縫製にしました。

カスタム縫製は
「1本すくい縫い」(※1)や
「簡易プリーツ加工」(※2)、
ヒダたたみ機の使用など
細部まで仕上がりに配慮した縫製です。


川島織物セルコン ファインウェーブ加工寝室の川島織物セルコンのカーテンです。
こちらにはファインウェーブ加工を
施してあります。

ファインウェーブ加工は、
スチームタイプの
形態安定加工をすることで、
美しいドレープと
より長い加工効果の持続性を
実現しました。
通常の取り扱いをして頂ければ、
5回の洗濯を繰り返した後も
効果が持続します。

※1生地によっては本縫いになります。
※2簡易プリーツ加工はポリエステル100%生地のみです。


戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)
ベランダ工事1ベランダの床面が傷んでいたので
交換取付工事を行いました。
また、同時に壁面の塗装もしました。

古いデッキ材・下地を全て撤去して、
新しい下地を組んで
その上に新しい
デッキ材を施工しました。

古いデッキ材と同じものを探しまして、
タキロン(株)の木目色です。


ベランダ工事2よく見ると
色の薄い細いラインが
入っていますが、
これはオプションの溝カバーです。

施工前のものでは
入っていませんでしたが
(段差になっていましたが)、
今回はこちらも取付けました。
以前より
より快適に安全に
ベランダをお使い頂けると思います。


戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)
テンションプーリー紐引きカーテンレールと言って
カーテンの開閉を紐で操作できる
カーテンレールです。
大きな窓で使われることがあります。
2本のうちの1本を
今回交換しました(左側)。

テンションプーリーです。
スプリングが内蔵されています。
紐がからまないように
紐をピンと張るようにする
ものです。


TOSO ニューデラック紐引き組立てセット1テンションプーリーの上側です。
紐がピンと張っていますね。
このカーテンレールは
TOSOの
ニューデラック紐引き組立てセット
です。
交換したのは左側です。


TOSO ニューデラック紐引き組立てセット2両開きと言って
同じ大きさのカーテン2枚を使う
一般的なカーテン用の
カーテンレールです。
交換したのは左側です。

この後、
左右のバランスを調整して
カーテンをカーテンレールに掛けて
最後にもう一度確認して
作業を終えました。


戸建てのお客様(初めてのご依頼)
エコカラット1結露でお悩みのお部屋に
エコカラットを張ります。
エコカラットは調湿効果があり
適度な湿度に保つ効果があります
(床面積の半分以上の
エコカラットが必要です)。

通常は壁一面単位で施工しますが
イージーパックはその名の通り
簡単施工が基本です。
例えばこのような感じで
張ることも出来ます
(今回はご提案として
一時的にこうして張ってみてます)。


エコカラット2施工終了しました。

結露しやすいと思われる
チェスト(タンス)の裏側
にも張ってあります。

試しにエコカラットに霧吹きで
水をかけてみると
あっとゆう間に吸収します。
これで今までより快適にお部屋で
お過ごし頂けると思います。

尚、今回はイージーパックでしたが
通常のエコカラットですと
より隙間なく施工するようになります。


マンションのお客様(3回目以上のご依頼)
リリカラカーテンカタログ「2010-2012 SALA(サーラ)」2/3、リリカラよりSALA(サーラ)の
新しいカタログが発売になりました。
コンセプトは
「A Family’s Delight 家族みんなの喜び」。
カテゴリー分けが分かりやすく
お一人はもちろんご家族でも
楽しみながら選べるものになっています。

新サーラは4,800円/㎡まで入っており
(今までは3300/㎡まで)、
これらは「High Class」と表示され、価格帯もリーズナブルなものを中心にワンランク上のものも揃うようになりました。


リズミックカーテンリズミックカーテンです。
ストリングカーテン(※)と
通常のカーテンの
中間のような感じです。
生地は一部を除き、
リズミックカーテン専用生地を使用します。

間仕切りとして使うのはもちろん
通常のカーテンのように
窓まわりに使う事もできます。


アップダウンシェードアップダウンシェードです。
カーテンとブラインドの機能が合わさった
ローマンシェード(シェードカーテン)の一つです。

その名の通り、
生地をアップダウンさせることが出来ます。
全閉・上部を開けた状態
・下部を開けた状態・上下を開けた状態に出来、
様々な表情を演出することが出来ます。


※ストリングカーテン(ひも状ののれん)
は規則的に並ぶ糸で構成された、糸状のカーテンです。
ディスプレイや間仕切りとして使われることが多いです。
空間を完全に遮断するのではなく、
つながりを持たせた空間づくりを可能にしていて
透けた感じを演出します。

業界ニュース:ウインドウトリートメントカーテン
サンゲツ 壁紙見本帳「2010-2012 新築&リフォーム 1000」2月9日(火)に
サンゲツの壁紙見本帳(クロス見本帳)
2010-2012 新築&リフォーム 1000」
が発行されました。全100点です。

壁面を選ぶと
おすすめの天井面があり
選びやすくなっています
(もちろんその通りでなくても
大丈夫です)。

「消臭(ルームエアー)」
「汚れ防止・抗菌」
「スーパー耐久性(ペット対応)」
など機能面も充実しています。
また、消臭機能付きペット対応フロア「ペット快適専科」
など床材も掲載してあります。


業界ニュース:壁紙(クロス)
ライティングレール・スポットライトディスプレイ用の
ライティングレールとスポットライトを
取付けました。

ライティングレールは今回は4mのものを
そのまま使用していますが、
任意の大きさに切ることが出来ます
(熱で絶縁体が溶けないように
金ノコ推奨)。

スポットライトは
まずは1つだけ取付けましたが、
後から増やすことが出来ます。
レール間の移動や
角度調整をすることが出来ます。


戸建てのお客様(初めてのご依頼)
前:エアコン新規取付(電気工事、店舗工事3-1)
エアコン新規取付店舗ですが、
エアコンの外観には
特にこだわらないとのことでしたので、
業務用ではなく家庭用タイプのものを
取付けました。

単相200V・15Aなので、
それ用のコンセントも
新規に取付けています。

店舗側とスタッフルーム
この一台で調整するように
なっています。


戸建てのお客様(初めてのご依頼)
前:フロントサッシガラス新規取付(店舗工事2-3)
次:ライティングレール・スポットライト新規取付(電気工事、店舗工事3-2)
ガラス新規取付1フロントサッシの枠に
ガラスを入れました。

上部の引き違いが3組6枚
大きなFIX窓(はめ殺し窓)が2枚
両開きドアに2枚
の計10枚です。

窓ガラスを所定の場所に入れた後に、
隙間をシリコンコーキングで埋めます。


ガラス新規取付2この後外しますが、「ガラスご注意」の
注意書きを貼ってあります。
透明なガラスの場合、
明るい方に移動する時
例えば晴れている日の日中
店舗の中から外に移動する時に
ガラスの存在を認識出来ない
場合があります。
小さいお子様がいらっしゃる時は
注意してあげるとよいですね。

この後、お客様がご用意された
ドアハンドルを取付けて
完成です。


戸建てのお客様(初めてのご依頼)
前:フロントサッシ枠新規取付(店舗工事2-2)
次:エアコン新規取付(電気工事、店舗工事3-1)
フロントサッシ新規取付1フロントサッシ(主に店舗の前面・全面に施工されるもののことで、サッシ枠・ガラス・開閉入り口で構成されています)のサッシ枠と両開きドアを取付けました。
天井に近い上の部分には
既存のシャッターの
白い収納BOXがあります。
天井まで一枚の大きなガラス窓にしてしまうと、シャッターのメンテナンスの時に、収納BOXを開けることが出来なくなってしまうので、取外しも出来る小さい引き違い窓を上部に取り入れました。


フロントサッシ新規取付2ブロックの上の部分は
下部からの鉄筋を溶接して
取付けています。


フロントサッシ新規取付3全体の店舗内からの画像です。

中央に両開きドア
(通常は片方のみ使用)、
左右に大きなFIX窓(はめ殺し窓)
になっています。

上部は前述の通りの引き違い窓
3組になっています。


フロントサッシ新規取付4全体の店舗外からの画像です。

ファサード(建物の正面の外観のこと、建物の顔といえる)
を考慮しているので、
建物の外からは、
上部の引き違い窓は
見えないようになっています。
デザインと機能を両立出来たと思います。

フレームの色は黒ですが、
作業はまだ続くので
養生の青いシートを取り外していません。
この後、ガラスをはめ込みます。


戸建てのお客様(初めてのご依頼)
前:フロントサッシ用ブロック積み(店舗工事2-1)
次:フロントサッシガラス新規取付(店舗工事2-3)
ブロック積み1ガレージ(車庫)のシャッターを開けると
中を遮るものがないので、
フロントサッシ(店舗用ドアと窓)
を取付けます。

当初はフロントサッシのみの
予定でしたが、
ブリックタイルでの
装飾のご要望があり、
それの下地を作ります。


ブロック積み2鉄筋アンカーを打ち込んでから
ブロックを並べていきます。

ブロックのサイズは幅390mm×高さ190mm×厚み100mmです。
100mm以上が基準とされています。

必要な所はブロックをカットして
モルタルでブロック同士を繋いで、
ブロックの中にモルタルを詰めて
ブロックを積んでいきます。
横方向にも鉄筋は入っています。


タイル下地モルタル塗りフロントサッシ取付は
次回ご紹介しますが、
フロントサッシを取付けた後に、
ブリックタイルを張れるように、
ブロック表面にも
モルタルを塗ってあります。
フロントサッシとの兼ね合いがあるため、
この工程は
フロントサッシ取付後になります。

ブリックタイルは
お客様ご自身が施工なさる
ことになっています。


戸建てのお客様(初めてのご依頼)
前:パーティション壁紙新規張り(店舗工事1-2)
次:フロントサッシ枠新規取付(店舗工事2-2)