奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
バランス釜のお風呂お風呂と給湯器の交換取付です。

バランス釜のお風呂になっています。
バランス釜があるので
浴槽のサイズが小さいことと、
配管の都合上で
バランス釜の横にデッドスペースがあります。


バランス釜・浴槽搬出、タイル及びタイル下地解体タイル及びタイル下地を壊さないと
バランス釜や浴槽が搬出出来ないため、
必要な部分を壊してから、
搬出しました。


新しい給湯器新しく外壁に取付けた給湯器です。
バランス釜の代わりに給湯器が外に出た分、
広い浴槽に出来ます。
また、追い焚き機能のある給湯器です。

中の浴槽や
洗面所・キッチンとの接続はこれからです
(洗面所・キッチンは
別の記事でご紹介します)。


浴槽搬入浴槽を搬入し、
給湯器と接続しました。

また、シャワーも
サーモスタットシャワー混合栓にしました。


モルタル打ちモルタルを打って、
新しく張るタイルの下地を作りました。


タイル張りタイルを張った後に、
目地詰めをしているところです。

乾いた後に、
タイル表面の不要な目地材を拭き取ります。


浴槽交換取付後1施工完了しました。

リモコンのスイッチがついています。
もう一つは新しく作った洗面所スペース
に取付けました(別の記事でご紹介します)。

今回のリフォームで、
浴槽が広がったことと、
デッドスペースを気にする必要が
なくなりました。

(浴室の壁面は、
今回のリフォームに入っていなかったので、
タイルと塗装の補修をしてあります。)


浴槽交換取付後2浴槽のアップ画像です。

きっと、以前よりも
のんびりくつろいで
浴槽に浸かれると思います。


戸建てのお客様(初めてのご依頼)
次:トイレ、洗面所リフォーム工事1(配管工事、下地作り)
次:シングルレバー混合栓交換取付
遮光カーテン取付遮光カーテン(とレース)を
取付けました。

朝日が気になるとのお話しだったので、
通常の天付けのカーテンよりも
カン上と呼ばれる
カーテンレールのランナーの輪の部分から
カーテンの上の長さを少し長くしています。

これ以上長くすると、カーテンの
開け閉めの時に当たってしまいます。

通常より、外からの光が
室内に入らないようにしました。
裾もぴったり目に作ってあります。


新築の戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)
前回:カーテンレール新規取付
スーパー耐久性壁紙(スーパー耐久性クロス)スーパー耐久性の壁紙(クロス)です。

猫ちゃんが傷つけた壁紙(クロス)
の下地を直してから、
壁紙(クロス)を張替えました。

引っ掻き傷には通常のものの約10倍、
衝撃には通常のものの約3倍の
強度があります。
抗菌性・汚れ防止性もあります。


戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)
小池公園大田区の上池台に
小池釣堀とゆう大きな釣堀がありました。
小さい頃に、釣りに行ったこともあります。

一時期、跡地の水が
完全になくなっていたので、
どうなるのだろうと思っていたら、
素敵な公園になっていました。

元々釣堀だった立地を生かした
公園になったんですね。


小池公園の立て看板立て看板です。

大きな池には、
膝くらいまで
水に浸かれるスペースもあるようで、
公園の敷地内には、
滑り台などの子供用スペースや
ベンチも複数ありました。

これからの季節、
憩いの場所になりそうですね。

交換前の東障子障子の紙の代わりに
ガラスが入っている戸を
東障子(あずましょうじ)と呼びます。

新しいものに交換取付けします。


交換前の東障子の敷居敷居(襖や障子等の
建具を動かすために
開口部の下部に取り付ける、
溝やレールがついたもののことです)。
はこのようになっています。

このままだと滑りが悪いので、
一緒に交換取付けします。


交換取付後の東障子スプルースの東障子です。

建具は、吊り込む
(つりこむ、建具を取り付けること)
時に、調整が必要です。

既存の枠は、若干狂いが生じているので、
そのまま納めてしまうと、
隙間が出来てしまうんです。
現地で調整しながら、建具を納めます。

建物が昭和の初めに
建てられたものとのことで、
調整もより時間をかけての作業でした。


交換取付後の敷居交換取付けした敷居です。

上から被せるものですが、
段差も今までより少なくなり、
あまり気にならないと思います。

建具の開閉もスムーズになりました。


戸建てのお客様(初めてのご依頼)
前:壁紙張替(クロス張替)
壁紙(クロス)を張る前の聚落(じゅらく)壁和室の聚落(じゅらく)壁に
壁紙(クロス)を張ります。


壁紙(クロス)施工中施工途中の画像です。
上が張替後、
下が、張替前で、下地処理してあります。

下地処理は、
木枠に
マスキングテープ(養生テープ)を打って、
シーラーと呼ばれる、
下地を安定させるものを塗り、
全面的にパテ打ちします。

聚落(じゅらく)壁は
通常の下地よりも弱いため、
しっかり下地作りする必要があります。


壁紙張替完了(クロス張替)完了画面左下の部分は、
数年前にやり直した聚落(じゅらく)壁
とのことだったので、
そこになるべく近い感じの
聚落(じゅらく)壁風壁紙(クロス)を選んで
施工しました。

違和感が無いような
仕上がりになっていると思います。


戸建てのお客様(初めてのご依頼)
次:東障子交換取付(ガラス障子交換取付)
先月、立川ブラインド工業とヨコタが業務資本提携しました(説明ページ)。

どちらも窓まわりのものを扱うメーカーで、取り扱う内容も似ているのですが、
タチカワブラインドはブラインドやロールスクリーンなどのメカもの、
ヨコタはカーテンレールが有名です。

それぞれに長所を伸ばして、短所を補うようになって頂けるように思えたニュースだったので、
今後の成り行きに注目しています。

融通を利かせてくれるそれぞれの会社なので、
その面の印象は良いです。

業界ニュース:ウインドウトリートメントメカ
塗装前の屋根(アスファルトシングル)屋根の上です。
アスファルトシングルの屋根です。
かなり風化してしまっています。


塗装前の屋根(アスファルトシングル)1水で高圧洗浄をして、
下塗り(シーラー)を塗り
中塗り(サフェーサー)を塗り
上塗り2回塗り
(シリコン樹脂屋根用塗料)をしています。
上塗りの色はつや消しブラックです。
全て日本ペイント製のもので塗装しました。


塗装前の屋根(アスファルトシングル)2かなり広い屋根です。
これで全体の2/3くらいの面積です。
(日光の当たり具合で、
上の画像と色合いが違って見えますね。)

屋根の勾配が緩やかなので、
塗装の際、
足場は必要ありませんでした。


防水トップコート塗装屋根ではありませんが、
防水のトップコートが弱くなっていたので、
こちらも施工しました。


戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)
給湯器交換前1給湯器が故障したとのことでした。

共用廊下の階段(=避難階段)
に面しているので、
扉内設置型の給湯器です。


給湯器交換前2扉カバーを外したところです。

生産されてから
だいぶ年月を経ていることもあり、
今回交換取付します。
同じ、扉内設置型の給湯器にします。


給湯器交換中新しい給湯器を取付けています。
NORITZ(ノーリツ)社製です。


給湯器交換完了交換取付完了しました。

既存の扉カバーだと、
新しい給湯器のサイズに合わないので、
この後、
扉カバーを少し加工して取付けました。


キッチン用リモコン新しいキッチン用リモコンです。


バス(風呂)用リモコン新しいバス(風呂)用リモコンです。


マンションDW(3回目以上のご依頼)の1戸
ペイント下地用壁紙張替前お客様が用意された
壁紙(クロス)で張替えます。


ペイント下地用壁紙張替後塗装下地用の壁紙(クロス)で、
この上に塗装をすることが出来ます。
このままでも綺麗な感じですが、
好きな塗装の色に変えることが出来ます。

塗装はお客様がおやりになるとのことで、
今回の施工はここまでです。

洋間とバス(風呂)前のお部屋の
壁紙(クロス)を張替えました。

また、ペイント下地用の壁紙(クロス)ですが、
もちろん当店で準備することも出来ます。
また、その後の塗装も出来ます。


戸建てのお客様(初めてのご依頼)
フェルト敷き終えたところ洋間のカーペット張替です。

既存のカーペットを剥がし、
その下にあるフェルトと呼ばれる
クッション材も剥がした後で、
新たに新しいフェルト敷き終えたところです。


カーペット張替後新しいフェルトの上に
新しいカーペットに張替えて
完了です。

グリッパー工法と呼ばれる施工方法で、
カーペットの施工方法の一つです。
フェルトなどのクッション材を
カーペットの下に入れておきたい場合は、
この施工方法になります。


戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)
火災報知器煙式ちょうど3年前の2006年6月1日、
消防法が改正されて、
火災警報器の設置義務が生じるように
なりました。

こちらは煙式(煙感知式)です。

通常はこちらの火災警報器を設置します。
熱式(熱感知式)よりも
早く感知できます。


火災報知器熱式こちらは熱式(熱感知式)です。

キッチンなどで、
煙による誤作動を防ぎたい場合、
こちらを使います。

今回取付けた火災警報器は
セコム社のものを取付けています。


現場:マンションCT(3回目以上のご依頼)の1戸
前:クッションフロア張替(CFシート張替)