奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
ベネシャンブラインド(横型ブラインド)15mmスラット並列2台ベネシャンブラインド(横型ブラインド)の取付です。

既存でついていたスラット(羽根)が25mmのものは、
間仕切りとして、別の場所に取付ます。

15mmのスラット(羽根)のものを2台取付けました。

今度は1つの窓で左右別々に操作することが出来ます。

また、スーパーポール式と言って、
今まで操作がロッド(バトン)とコード(紐)の2本だったものが、
両方を兼ねた1本になっていて、
スッキリしています。


既存のブラインド取付用板を取付既存のブラインドを別の場所に取付けるのですが、
天井の強度が不足していますので、
木の板に、お宅の縁周りの色に近い色で塗ったものを用意し、
それを取付けました。
 

↓取付後
既存のブラインド取付取付ました。

これで安心して、
こちらのブラインドもお使い頂けると思います。


戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)
イスフレーム修理前イスのフレームの修理を
ご依頼頂きました。


イスフレーム修理前アップ1  イスフレーム修理前アップ2
かなり壊れていました。

また、素人の方が直されている痕跡があり、
中途半端な接着がなされていました。
実は、ここから直すのが一番難しいんです。


↓修理後
イスフレーム修理後1  イスフレーム修理後2
修理した後に、塗装をしました。
一見しただけでは、どこを直したのか分からなくなっていると思います。


(※あまりにも壊れていると直せないイスもあります。)
畳表替畳の表替(おもてがえ)をしました。

畳には縁(へり)があります
(ちなみに、最近流行りの琉球畳にはないですね)。


畳縁サンプル昔は、単色のものが多かったのですが、
最近はシンプルな柄が入ってるものが主流ですね。

←例えば、こんな種類があります。

今は、網代(あじろ・左から2番目)の縁を使うことが多いです。
もちろん、その他にも、ここにある縁はほんの一部、
様々な縁で施工することが出来ます。


現場:アパートKU(3回目以上ご依頼)の2戸
前:ガス小型瞬間湯沸器交換取付、換気扇交換取付
ダイニングチェア張替今回張替えたダイニングチェアの生地は、
お持込になられたもので張りました。
(あまりイス張替におすすめではないものは、
お預りした時点でお知らせしています。)

過去には、新品のイスをどこかでお買いになって、
生地も別で手に入れられて、
張替をさせて頂いたこともありました。

籐のダイニングチェア背中に籐が張ってあって、
破れていました。

また、座面もだいぶへたっていました。


↓張替後
ダイニングチェア張替後背中と座面、別々の生地で仕上げました。
(通常は、一緒の場合が多いです。)

当店では、籐の張替は行っておりませんので、
このような仕上がりになります。
背中の周りは鋲打ちで仕上げてあります。

ガス小型瞬間湯沸器交換取付瞬間湯沸器が古くなっていましたので、
交換取付しました。

その名の通り、お湯がすぐに出るのがメリットな反面、
デメリットとして、換気には十分注意しないといけません。
一時期、ニュースでも取り上げられていたと思います。

(※有資格者が取付けています。)


換気扇交換取付1  換気扇交換取付2
換気扇も交換取付しました。
写真にはないのですが、
恐らく30年以上経っていたのではないでしょうか。
あまり高価なものでもないので、
無理にハウスクリーニングで汚れを落とそうとするよりかは、
交換した方がよい場合もあります。


現場:アパートKU(3回目以上ご依頼)の2戸
次:畳表替
八幡小学校の桜母校の世田谷区立八幡小学校の桜です。
今日が卒業式だったみたいですね。

私も、同校を卒業したんですが、
もう、あれから、時も流れましたね。


八幡小学校の桜ズーム前のデジカメが壊れてしまったので、
最近買い替えたのですが、
ズーム機能もあって、
便利ですね。

こちらの桜は七分咲きといったところでしょうか。
週末は、きっと東京の多くの所で満開を迎えるでしょうね。

マンションエントランスドアのフロアヒンジ交換取付前昨年、マンションのエントランスドアのオートロックキー
及び各戸の玄関キーを交換したのですが、
その時、エントランスドアの締りが非常に遅いことに気付き、
対応を考えておきました。

写真に写っているドアの下部の部品が原因です。


↓フタを取外しました
フタを取っての中写真は上の写真のフタを取って、
中の部品を撮ったものです。

フロアヒンジと呼ばれるもので、
ドアの開閉の部品です。

長年の雨などの浸入のせいで、
すっかりサビサビになってしまっています。
これが、ドアが閉まりにくい原因です。


↓施工後
マンションエントランスドアのフロアヒンジ交換取付後新しい製品に取替えて、
再びフタを閉めたところで
撮りました(フタも新品です)。

これで、開閉もスムーズです。

また、閉じるスピードや、
90℃開閉時に開けたままになるor開けたままになることはない
など、フタを外して、中の部品を調整すれば、
その通りにすることも可能です。


現場:マンションCT(3回目以上のご依頼)
ダイニングチェア張替前とてもも思い入れがある
とのことで、お持込になられたイスです。


↓張替後
ダイニングチェア張替後生地はおまかせとおっしゃられましたので、
同じようなピンクの色で、
少し柄が特徴的なもので張替ました。

今回、背中の縁周りは鋲打ちで仕上げました。

有明の東京ビッグサイト(総合展示場)
で開催される
NICEわくわくフェアに行ってきました。
(リンク先に分かりやすい説明動画があります)。
今回で3回目くらいの参加です。
NICEが毎回展示している地震についての大きなブースがあり、
また、様々なメーカーの展示があります。


今回、特に思ったのは、
キッチンなどの水周り関連のディスプレイが非常に充実していたこと。
新築よりも、今はリフォームの流れが強いのかなと思いました。
キッチンだけでも、様々なメーカーが出展していました。

その中でも、特に賑わっていたのが、
新商品を出展していたサンウェーブとクリナップ。

サンウェーブのものは
まだ、カタログが出来ていなく、リンク先も変更されていないのですが、
驚いたのが、キッチンに換気口がついてるんです。
つまり、レンジフードや換気扇が必要ない!。
まだ、排気量など、どの程度なのか分からないのですが、
これがヒットすれば、キッチンの常識が変わるかも知れないです。
お手入れも、手洗いor食器洗い機+つけ置き洗いで楽々とのこと。
5月に発売とのことなので、興味がある方はぜひぜひチェックしてみて下さい。
ショールームは、こちらです。
なお、ロースター(魚焼き器)は付かなく、コンロはIH(電気)のみだそうです。
>追記:こちらにそのキッチンについてのってました。<

同じくらい賑わっていたのが、やはり新製品を出したクリナップ
(※上記リンク先、その新製品S.Sサーボの動画がいきなり流れますので気を付けて下さい)。
その他のメーカーを含むほとんどのメーカーのキッチンが(中級種以上)、
静かに閉じる引出しになっているのはもう当たり前なのですが、
開ける時に、ハンドフリーでセーフティーに開けれるのは新しいです。
また、開き戸型の吊戸棚も静かに閉じる設計になっているのも優しい配慮だと思いました。
ショールームはこちら

※担当営業の方との会話だったため、
もしかしたら、私の聞き間違いがあるかも知れません。
詳しくは、リンク先ショールーム等にお問合せ下さいませ。


その他のことで気になったのは湿気対策。
最近は、高気密住宅が多くなり、
エネルギーの効率化が進んでますが、
弊害としてやはり結露等の湿気対策が問題になってますね。

そこで、まずは、DAIKEN(ダイケン)さらりあ~と
湿気を吸って、結露やカビを抑えます。
同じ条件で同製品と一般下地材+壁紙(クロス)の比較があったのですが、
結構違いました。
基本的に、サニタリースペース(水周り)が多いとのことですが、
リビングやダイニングなど、通常のお部屋にももちろん施工出来ます。

もう一つは、TOSTEM(トステム)インプラス
(※こちらもトップページ音声出ます、ご注意を)
こちらは断熱性に加え、遮音性も高いです。

色々な因果関係もあるため、
これらだけで、結露等の湿気問題を完全に解決出来るわけではありませんが、
効果は確実にあります。
また、施工も上記2つともそんなに難しくありません。


最後に、気になったのは、タチカワブラインド。
インテリアメーカー(壁紙・クロス、カーテン、ブラインド等)で出展に気付いたのが
タチカワブラインドだけでした
(このフェアは住宅そのものや設備がメインなので)。
改めて、電動ロールスクリーンの性能の良さを再認識しました。
製品のご紹介→ファブリック製品(ロールスクリーン)→■ロールスクリーン 標準電動α静音タイプの詳細ページへ)
とても静かで、ロールスクリーンの悩みの種の巻きずれも起こりにくいようです。
高齢化社会に伴い、こういった商品も今後需要が伸びていくんではないだろうかと思います。


東京ビッグサイト限定の缶コーヒー最後に、
今回は展示会なので、展示物の撮影が恐らく禁止だと思うので、
撮影はしませんでした
(ただ、撮ってる方も数人見かけましたが)。

←は唯一の画像の
東京ビッグサイト限定の缶コーヒーです。
150円(他は120円)しましたが、味は甘めの普通の缶コーヒーでした。

棚取付前壊れてしまっていた棚が
外されていました。


↓取付後
棚取付後なので、取付けておきました。

マンションやアパートの
リフォーム・メンテナンスを一括してご依頼される場合、
こうした不具合も同時にお知らせして、直すようにしています
(もちろん、オーナー様がご希望される場合のみです)。


現場:マンションDW(3回目以上のご依頼)の1戸
前:シングルレバー混合栓(壁付)交換取付、鏡交換取付、浴槽ふた新規
交換前の2ハンドル混合栓ユニットバスの2ハンドル混合栓も
大分古くなってましたので、
交換しました。


↓交換取付後
シングルレバー混合栓へ交換取付  シャワーホース・シャワーヘッドも付属
シングルレバー混合栓にしました。
これなら、湯と水の調整も簡単で、
今までより快適にお使い頂けると思います。
また、シャワーホース・シャワーヘッドが一体となってるものなので、
こちらも新しくなってます。


鏡交換取付鏡も新しくしました。

はめ込み式なので、
古いものを外すのに手こずることもあるんですが、
今回はスムーズに交換出来ました。

場合によっては、古い鏡を粉々にしないと取れない時もあります。


浴槽ふた浴槽のふたがなくなってしまっていたので、
新品を納品しました。

当初は、蛇腹のものを考えていたのですが、
しっかりした組合せ式のふろふたにしました。


現場:マンションDW(3回目以上のご依頼)の1戸
前:シングルレバー混合栓(台付)交換取付、ステンレス打ち
次:棚取付
シングルレバー混合栓(台付)交換取付前  表面がかなり痛んでいるガス調理台
キッチンのシングルレバー水栓周り及び、
ガス調理台のステンレスが、
もう焦げきってしまっていて、
ハウスクリーニングでは手に負えないレベルになっていました。
また、シングルレバー水栓自体もだいぶ古くなっていて、
シルバーのステンレスシールで応急処置してました(写真だと分かりにくいかも知れません)。


↓施工後
シングルレバー混合栓(台付)交換取付後  ステンレスを重ねて張ったガス調理台
それぞれにステンレスを上から重ねて張りました。
これだと、一回取り外して再び施工するより、コストを抑えることが出来たと思います。
ピカピカになりました。
また、シングルレバー水栓も新しいものに取替ました。
こちらもピカピカ。
今度、お使い頂く方には、気持ち良くキッチンをお使い頂けると思います。


現場:マンション(3回目以上のご依頼)の1戸
前:浴槽交換取付
次:シングルレバー混合栓(壁付)交換取付、鏡交換取付、浴槽ふた新規
私は初めてお会いしたのですが、
うちの社長をよくご存知の方に、
壁紙張替(クロス張替)のご依頼を頂き、張替ました。
今回は天井は張替せず、壁面のみの張替です。


リビングダイニングルーム壁紙張替1  リビングダイニングルーム壁紙張替2
広いリビングダイニングルームです。
四方4面の内、2面を張替えました。
左の写真、照明がそれぞれ昼光色(くっきり白い)と昼白色(自然な白さ)
の違いで、壁紙(クロス)の表情も若干違います。


洋間壁紙張替1  洋間壁紙張替2.jpg
洋間は壁面全て張替ました。
右の写真はエアコン周りで、やや熟練度を要する作業になります。


廊下壁紙張替(クロス張替)  玄関壁紙張替(クロス張替)
長い廊下に玄関です。
こちらも壁面全て張替ました。
廊下のドアは、リビングダイニングルームからの光が入るスライドドアなので、
開放感がありますね。


丸子橋現場の、ベランダからの風景です。
中央に見える橋が丸子橋です。
東京都と神奈川県を結んでいます。
渡れば、神奈川県です。


※壁紙(クロス)は写真で上手く表現しづらいです。
分かりにくくてすみません。
現場:マンションDN(私は初めてのご担当)の1戸
ダイニングチェア張替前張替前のダイニングチェアです。


↓はがしました
布地とクッション材を剥がしたダイニングチェア中身のクッション材がボロボロになっています。
もちろん中身のクッション材も交換します。


↓張替後
ダイニングチェア張替後スエード調の生地で張替ました。
この感じの生地は、
やや汚れやすいところがあったのですが、
この生地は、
汚れ防止、撥水性が備わっているので、
従来のものよりおすすめです。

写真で少しまだらになっているのは、
そういった風味の生地だからです。

襖張替襖の張替もご依頼頂きました。

こちらの襖紙の選定も一任されましたので、
落着いた総模様(襖全体に柄がある)にしました。
織物調の感じで、グレー色が入っています。



現場:アパートMK(3回目以上ご依頼)の1戸
前:フローリング補修
フローリング補修前壁紙張替(クロス張替)の後に、
フローリングの補修をしました。


↓補修後
フローリング補修後よく見たら分かってしまうと思いますが、
一見分からないくらいにはなったと思います。
(申し訳ありませんが、
フローリングの補修のみのご依頼は承っておりません。)

それでも、手に負えない場合は、
クッションフロアを張ってしまうのが、
一番値段を抑えられる方法だと思います。

なお、その他にも、フローリングや他の床材など、
ご希望の床材にすることももちろん出来ます。


現場:アパートMK(3回目以上ご依頼)の1戸
前:壁紙張替(クロス張替)
次:襖張替
洋間壁紙張替(クロス張替)4年振りくらいに壁面の壁紙(クロス)の張替をさせて頂いた
1Kの間取りです。

壁紙張替(クロス張替)の選定もお任せとのことなので、
選ばさせて頂きました。

こちらが、洋間。
スライド式のハンガーレールが便利ですね。


キッチン・玄関壁紙張替(クロス張替)こちらが、キッチン&玄関。

洋間と同じ柄の織物調の壁紙(クロス)で張替ました。


トイレ壁紙張替(クロス張替)こちらが、トイレです。

清潔感を出すために、ほんのり青い壁紙(クロス)で張替ました。

各部屋とも、壁紙(クロス)を張替て、スッキリ綺麗になりました。


※壁紙(クロス)は写真で上手く表現しづらいです。
分かりにくくてすみません。
現場:アパートMKの1戸
次:フローリング補修
大きな鳥居虎ノ門からお仕事のご依頼を頂き、
下見に行ってきました。
所用では来たことがあるのですが、
仕事で行ったのは初めてです。

電車で行ってきました。
やっぱり都心部だと駅から近いことが多いですし、
渋滞もないし、
電車の方が便利ですね。
もちろん、電車で運べない道具などがある場合は、
車でお伺いします。

帰りに駅に向かっていると、
いきなり高層ビル群の中に神社が現れました。


催し物中に入ってみると、
催しものをしているようでした。

ただ、ちょうど休憩時間だったらしく、
やや閑散としてました。
次回、また来た時に見れるかも知れません。 

アコーディオンドアカーテンを取付けたお部屋にこちらも取付けました。

アコーディオンドア、もしくはアコーディオンカーテンと呼ばれています。

だいぶ痛んでいたものを撤去して、新しいものを取付けました。
お客様のご要望により、
取っ手の反対側は、固定して動かないようにしてあります。

こちらは、シンプルなものですが、
デザインの特徴的なもの、
自動で閉まるもの(スプリングや電動)、
床下との隙間をぴったりふさぐものなど、
様々な種類のものがあります。


現場:戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)
前:カーテン取付
掃出し窓、ドレープカーテン・ウェーブロンミラーレースカーテン室外の作業に引続き、
室内の作業、カーテンを取付けました。

カーテンの選定をお任し頂きましたので、
私が思うお部屋にあったカーテンを選ばさせて頂きました。

こちらが掃出し窓です。


出窓、ドレープカーテン、ウェーブロンミラーレースカーテンこちらが出窓です。

ドレープはお部屋の雰囲気に合わせて、
ベーシックな柄にごく小さい光沢が入った、
落ち着いていて少しだけ高級感も感じられる柄にしました。

レースは、ミラーカーテンの中でもおすすめの
ウェーブロンレースです。
やはり、採光とプライバシーを兼備えたこの生地がおすすめですね。


※すみません、1枚目の写真、上手くフラッシュが発光しなかったみたいですね。
現場:戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)
前:雨戸の枠、玄関ドア塗装
次:アコーディオンドア取付
クッションフロア張替前(ココヤシ+サイザル麻)カーペット張替に続き、
洗面脱衣所の床を張替ました。

今までは、麻(ココヤシ+サイザル麻)になっていて、
水はけは良かったんですが、
やや素足だと痛くなるようにお感じになられてたそうです。


↓張替後
クッションフロア張替後クッションフロアにしました。

今度は、水をはじくので、
水が溜まった時には簡単に拭取れ、
お掃除もしやすくなったと思います。


現場:戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)
前:廊下・階段カーペット張替
ダイニングチェア張替前座面のみの張替です。
中身のクッション材がへたって
ボロボロになっていたので、
交換しました。
(通常交換します。)


↓張替後
ダイニングチェア張替後トルコ製の生地で張替ました。
厚みのある生地の独特のストライプです。
特に、水色のストライプがアクセントに
なっていますね。

外国製の生地は、
国産にはない特徴があることが多いですね。

浴槽交換取付前ひびが入ってしまっていて、
老朽化していましたので、
浴槽の交換をしました。

一見すると、ユニットバスなので、
浴槽が一体型で取れなさそうですが、
これは、浴槽を後から入れたものなので、
浴槽だけを交換することが出来ました。


↓壊して車に積みました。
壊した浴槽置いてあるだけなので、
簡単に取れると思ったのですが、
何故かガッチリしていて全然取れません。
やむをえず、バラバラにして、調べました。
分かりづらい、裏のところでネジ止めしてありました。


浴槽交換取付後新品の浴槽です。
廃棄した浴槽の現在のモデルなので、
基本的に同じ作りです。

これで、のんびりお風呂に浸かっていただけると思います。


※写真だと、施工前後の違いが分かりづらいですね。すみません。
現場:マンションDW(3回目以上のご依頼)の1戸
前:畳表替
次:シングルレバー混合栓(台付)交換取付、ステンレス打ち
畳表替前畳の表替(おもてがえ)をしました。

ご存知ない方に申し上げますと、
畳を綺麗にしたい時には、
畳床(本体)も痛んでいる場合、
古い畳を捨てて新しい畳にすることもありますが、
通常は畳表(たたみおもて)と言われる、
表面のござだけ張替ます。
そのことを畳の表替(おもてがえ)と言います。

最近はあまりしていませんが、
畳表がほとんど痛んでない場合、
その畳表をリバーシブルのように反転させて
再利用することもあります。
それを裏返(うらがえし)と言います。


↓表替後
畳表替後綺麗になりました。

最近は、和室自体が減ってきているので、
畳の需要も年々少なくなってきていると思いますが、
新品の畳表のあの香りはいいですよね。


現場:マンションDW(3回目以上のご依頼)の1戸
前:間仕切り・出窓壁紙張替(クロス張替)
次:浴槽交換取付
間仕切り張替前お得意様のマンションDWの現場です。

今回、壁紙(クロス)は一部のみの張替です。

写真の一番右側の間仕切り、
元入居者様のお子様と思われる落書きです。
汚れを落とそうとしてみたのですが、
取れないため、壁紙(クロス)張替をします。


↓張替後
間仕切り張替後同じ柄が廃盤になってしまっていたので、
間仕切り3枚を張替えました。
(ちなみに、例え同じ柄を日数をあけて施工した場合でも、
微妙な日焼けやロットという生産単位による壁紙(クロス)
の微妙な違いで色が合わないこともあります。)

写真には写っていない周りや、
写真上部の天袋の壁紙(クロス)に合うように
なるべく違和感のない柄を選びました。
仕上がった感じでは、違和感がないと思います。


キッチン周りの壁紙(クロス)張替キッチン周りの壁紙(クロス)も汚れていたので、
張替ました。
写真正面の出窓は、
奥が入り組んでいて、いつも張るのが大変なのですが、
今回も頑張って張替えました。


※壁紙(クロス)は写真で上手く表現しづらいです。
分かりにくくてすみません。
現場:マンションDW(3回目以上のご依頼)の1戸
次:畳表替
ダイニングチェア座面と背中背中と座面、計12組のダイニングチェア張替です。

全て、本体(下記写真参照)から外されての、
お持込みでのイス張替でした。

イス生地の中でも、ややざっくりして、
少し固めのしっかりした生地で張りました。



ダイニングチェアのフレーム外したイスのフレームです。

出来れば、イスのフレームを拝見したいと申したところ、
お持ち頂けました。

今回は、本体がなくても張替出来たのですが、
やはり本体を確認して出来る方が安心感はありますね。

ダイニングチェア張替前前回ソファを配達したワインをお出しになるお店に、
ダイニングチェア2脚を張替て、納品しました。
こちらが張替前です。


↓張替後
ダイニングチェア張替後イスの生地がかなり痛んでいたので、
よく分からなかったのですが、
色は違いますが、雰囲気が似ている柄をお選びいただいたと思います。

ただ、今回はビニールレザーで張替ましたので、
液体をこぼしたりしても、簡単に拭取れ、
耐久性が上がったと思います。
飲食店には向いているかも知れません。

雨戸の枠塗装戸建てのお得意様です。

雨戸の枠の塗装をしました。
(写真だと分かりにくいですね)。

通常はあまりそこに塗ることはないんですが、
築30年を越すお宅のため、枠が木枠でした(通常はアルミ製など)。
枠の表面の塗装が、紫外線などの影響でボロボロになっていたので、
表面を平らにし、汚れを取ってから塗装しました。

表面の塗装はコーティングの役割でもあるので、
こうしておかないと急速に劣化が進んでしまいます。

写真は1Fの一部ですが、長いハシゴを使って、2F・1F家の全ての窓枠を塗装しました。



玄関ドア塗装玄関ドアも塗りました。

本来なら、木部を生かした玄関ドアだったと思うのですが、
恐らく以前施工された方が、木部を塗りつぶして塗装されてしまってました。

ペンキで塗りつぶしてしまった部分を完全にこそげ落とそうかとも思ったのですが、
平らな部分は出来ても、四角く装飾されてる部分は難しいと判断し、
写真のように塗装しました。
綺麗には仕上がってると思います。


現場:戸建てのお客様(3回目以上のご依頼)
次:カーテン取付
ソファ張替ワインをお出しになるお店のソファを張替えました。
4人座ることの出来る大きなソファです。

座面の下の部分は収納になっていて、
ソファ本体と分離するようになっていました。
店舗用だと、座面の下が収納になってることも多いです。
スペースを有効に使っていますよね。

ちなみに、この前お届けしたダイニングチェアのお店とは別のお店です。
最近はワインの人気があるようですね。
私の友人にもワイン好きの方がいらっしゃいます。
様々な種類があって、奥の深い世界のようです。