奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
背の張り替え


背の張り替え

2人掛けイス、ダイニングチェアの

背の籐(とう・ラタン)の部分を

人口皮革(ビニールレザー)及び鋲仕上げにしました。

元のように籐で張り替えることもありますし

このように違う生地にすることもよくあります。


お客様宅で座面を取り付けて納品完了になります。

テーブル塗装

テーブル塗装をして納品前です。


当店のテーブル塗装の場合

元のような色合いをご希望の場合が多いですが

今回はホワイトブラウンからミディアムオーク色にしました。


この後お届けして組み立てましたが

テーブルもダイニングチェアや他の家具と

違和感ない雰囲気になりました♪。

今日から戸建ての内装工事に入っています。

カーペット工事からスタートです。

グリッパー工法

畳からカーペットにする工事です。

出来上がった下地の壁際に

グリッパーと呼ばれる

とげのついた板を打ち付けていきます。

グリッパーにカーペットを引っかけるように

固定する施工方法で

グリッパー工法と呼ばれています。



グリッパー工法

グリッパーを打ち終わったら

カーペットのクッション材のフェルト(アンダーレイ)を敷いていきます。


画像がありませんが

この後フェルトの上に

カーペットを敷き詰めて施工完了しました。

遮光1級生地

本日最後のお仕事はカーテンのお打合せでした。

こちらは遮光1級ながら発色の綺麗な生地です。

こちらにそれぞれお選び頂いた

特徴的なレースカーテンを合わせる予定です。

今から出来上がりが楽しみです♪。

ロッキングチェア張り直し

ロッキングチェアです。

揺り椅子とも呼ばれていて

前後へ動くイスです。


施工完了ですが

見た目は全く変わっていません。

座面下のクッション材が傷んでしまっていて

その箇所だけ直しています。

イスの構造上、

そういった修理が出来ないことも多いのですが

こちらは可能でしたので施工致しました。

再びお客様宅でゆらゆら揺られながら

時を刻んでいくと思います♪。
波板切狭

ピンキングはさみを

大きくしたような工具ですが

波板と呼ばれるものをカットするはさみの

波板切狭です。



波板カット

こんな感じで凹凸のある波板を

綺麗にカットすることが出来ます。


台風24号で被害のあった

ベランダの庇(ひさし)の波板を交換しました。

今日は天候にも恵まれて

外現場としてはいい1日でした♪。
内装リフォームの現場ですが本日が施工最終日です。

今回のようにカーテンなど窓周りのものがある場合は

基本的に施工作業のほこりなどで汚れないように

最後に取り付けます。



カーテンレール取り付け

ホームセンターなどでは

伸縮するカーテンレールも売っていますが、

プロはそういったものは基本的に使いません。

窓に合うようにピッタリにカーテンレールをカットします。

現場でカットすることもありますし

今回のように事前に店内でカットすることもあります。



カーテンレール取り付け

ご希望で

和室の鴨居にカーテンレールを取り付けます。


ブラケットと呼ばれる金具をまず取り付けるのですが

あらかじめ鴨居の溝の大きさに合わせて作った

木材を下地にして取り付けています。

この木材はメーカー品ではなく当店でのハンドメイドです。

今回はここが一番のポイントです。



カーテンレール取り付け

ブラケットにカーテンレールをはめ込みます。

天付けダブル(2本)付けです。

今回レースカーテンは取り付けませんが

将来的に必要になるかも知れないとのことでダブル付けです。



カーテン取り付け

カーテンを吊り込み完了です。


遮光1級の生地です。

遮光1級(遮光は1~3級あり、1級が最も性能が高いです)でも

完全に真っ暗にはならなくて

日中ならばこのように生地自体は明るくなります

(完全遮光で全く変わらない生地もあります)。

もちろん事前にご説明してあります。

夜だけお使いの場合はあまり問題ありませんが

日中の使用が想定される場合はご注意頂くポイントです。

先週から入っている内装リフォーム現場、

壁紙(クロス)とクッションフロア(CFシート)が終わり

週が変わって今日からはカーペット張り替えです。

カーペット張り替え

手前側のダークブルー色の

カーペットに張り替えています。


奥側の白い部分はこれからカーペットを敷く箇所です。

カーペットの下のクッション材(アンダーレイ)は

既に交換しています。

通常は紫色のフェルトを使いますが

今回はより弾力性・耐久性に優れているハイクッションです。

イスの座面にも使われているウレタン素材です。


カーペット自体ももちろん大事ですが

カーペットのクッション材を少しいいものを選ぶと

ぐーんと快適性もアップするのでおすすめです♪。

シーリング処理

9月末の

今年2度目の大型台風の24号の被害の影響で

様々なご依頼を頂いております。


本日は台風後

先日に雨漏りの調査をしたマンションの

雨漏りの原因となり得ると判断した箇所に

変性シリコーンコーク打ちをしました。


雨漏りは原因の特定が

複数・複雑に関係したり

難しい場合も多いのですが

最も可能性が高い箇所から施工していくことが

基本であると言えると思います。

アイロン

業務用のアイロンの使用後です。

ある作業の専用のアイロンです。




カーペットのジョイントテスト

店内で

来週施工するカーペットの

シーミング処理(カーペットを繋ぎ合わせること、ジョイント)の

テストをしました。

カーペットの下に専用のシーミングテープを入れて

アイロンで溶かして圧着します。


カーペットは施工の中でも

特にシーミング処理が難しく

カーペットの目の方向によって

ジョイントの仕上がり具合も異なってくるため

出来る限り事前にテストをするように心がけています。


カーペットの目の方向と異なったジョイントになりますが

事前のテストでは大丈夫と判断しました。

これで準備は整いました♪。

お預かりしているイスを剥がして

中身のクッション材を作成するところまで出来ています。

本日は張り替える生地を使っていきます。

イス張り替え製作中・ミシン編

今回はミシン縫いになるので

座面本体に合わせて型を作っています。

クッションの厚み分があるので

実際の座板よりも10mm前後大きくするのがポイントです。



イス張り替え製作中・ミシン編

今回はパイピング(玉ぶち・玉いも)なので

まずそれを作成します。

共布で作成です。



イス張り替え製作中・ミシン編

パイピングを本体生地(かがみ)に縫い付けていきます。



イス張り替え製作中・ミシン編

続いて座面の厚み部分のマチを縫い付けていきます。



イス張り替え製作中・ミシン編

座面に取り付ける時に

引っ張って取り付けるための

ベロ(白い薄地)を更に縫い付けてから

座面に合わせていきます。



イス張り替え製作中・ミシン編

座板に仮付けです。

うまく合っているようです。

今日はここまで。

完成は後ほど♪。

カーテンサンプル

カーテンのヘッダーサンプル(ハンガーサンプル)です。


窓に面してないので画像から分かりませんが

左から遮光1級、遮光2級、遮光3級、生地の厚いもの、生地の薄いものです。

左側にいくほど遮光性(光を遮る)があります。


無地の生地で遮光性は欲しいけど

少しだけ透過性のものが欲しいとのお話しで

お客様宅で窓にかざしながらご説明してきました。

やはり遮光3級~生地の厚いものくらいがご希望かなと

再確認してきました。

グリーンの生地がご希望とのことで

これから候補の生地を少しお時間頂いて

私が選んでいき

お客様に後日お選び頂く予定です。


論より証拠

実際にご確認して頂いていくプロセスも

大事にしています。

結果が同じでも満足度が違うこともあることを知っています♪。

最近、ご在宅の壁紙張り替え(クロス張り替え)が続いていますが

今日は久しぶりに現場がありません。

溜まっているカタログや資料に目を通しておきます。

お客様にご説明するためのアウトプットのために

しっかりインプットする時間も必要です。


カーテンやブラインドなどのメーカー・商社は

年末・年度末に仕事が集中する傾向があり

夏場は新製品や展示会が多くなります。

今夏も色々と出ているので一つずつ目を通して

インプットしていきます。


カーテンカタログ

こちらはカーテンのカタログです。

左から

アスワンのセ・ラ・ヴィ

リリカラのサーラ

シンコールのメロディア

スミノエのユーライフ

がリニューアルしています。

画像にはまだ入っていませんが

これから川島織物セルコンのフェルタもリニューアルします。


それぞれに特徴がありますし

カーテンは私が特に良いと思ったものは

ヘッダーサンプル(ハンガーサンプル)を作るので

その選定もします。




ブラインドメーカーカタログ

ブラインドやロールスクリーンなどの

「窓メカ」と呼ばれるものの新製品カタログです。

それぞれリニューアルしています。


左上)TOSO(トーソー)のブラインド

ベネアル(旧セラミー)と呼称も変わっています。


右上)ニチベイのウッドブラインド(木製ブラインド)クレール。


下段はそれぞれタチカワブラインドで

ブラインドのシルキーとシルキーシェイディ及び

プリーツスクリーンのゼファーとフィーユです。




輸入壁紙カタログ

輸入壁紙の写真カタログです。

左)テシードは毎年新しいものを出しますが

右)マナ・トレーディングは不定期で、新しいものを今年出しました。



壁紙(クロス)カタログ

壁紙(クロス)のカタログです。

トップシェアのサンゲツと

ライバルと呼んでも良いと思いますがリリカラです。

上段)サンゲツのリザーブとリフォームセレクション

下段)リリカラのブイウォールとらくらくリフォームです。





おまけ:冒頭にも書きましたが

ただ新しいカタログを入荷しましたではダメで

それぞれの特徴を

しっかり把握することが大切です。

同じ時期にライバルメーカー(商社)が出しているので

比較しながら頭に入れていくことが出来ます。

お客様からのご質問に的確に答えられるよう

しっかり読み込んでいこうと思います。
「杉田エース」とゆう建築金物メーカー(商社)主催で

毎年展示会を開催しているのですが(杉フェス

今年も行ってきました。




NASTA moi

こちらはNASTA(ナスタ)のブースで見かけた

クリック→北欧の天然木 moi(モイ)シリーズ←クリック

(上記リンク切れはこちらからどうぞNASTA

デザイン性と木の温もり感が目を引きました。




NASTA moi

最初の画像の右下に手すりがありますが

部材はそのままで

カーテンレールとして使っている

ディスプレイが面白かったです(参考出品)。


インテリアはアイディア次第で色々楽しめます。

そういったことを再発見した1日でした。

回転するダイニングチェア

回転するダイニングチェアです。

張り替える座面は取り外しています。


回転する部分の金具の汚れを取り除き

油をさすことで

かなり回転するのが楽になったと思います。


ダイニングチェアの座面を外さないと出来ないので

こういったメンテナンスもしています。

こちらはご要望がある時に行っています。