奥沢の地で40余年・安心です。内装(外装)・インテリアのこと、色々お話させて下さい。営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
カーペットとカーテン

平成、最後のお客様とのお話しは

カーペットとカーテンのお打合せでした。

店に戻り品番を確認しています。

今日はプランを考えている予定です。


「平成」も本日で終わりますが

このブログをご覧頂いた皆様、

お仕事をさせて頂いた皆様、

本当にありがとうございました。

「令和」になりましても

どうぞ引き続きよろしくお願い致します。


追伸:5/1(水)~5/6(月)お休みさせて頂きます。

壁紙(クロス)サンプル

壁紙(クロス)のサンプルです。


カーペットサンプル

カーペットのサンプルです。



それぞれご希望の色合い・質感を元に

私が選んだものをご覧頂きました。

画像だと分かりづらいですが

それぞれ左)質感が良い→右)価格がリーズナブルになっていき

それぞれ左端は、

壁紙は織物(一般的にはビニールがほとんどです)

カーペットはウィルトン(一般的にはタフテッドがほとんどです)になります。


質感と価格を考えて、見比べながらご覧頂き

それぞれ左端の織物とウィルトンをお選び頂きました。

今から施工が楽しみです♪。


お客様とご相談しながら

常に最適なご提案をさせて頂いております。

FEDE(フェデ) KARAN(キャラン)

事前にお客様とお打ち合わせていた

カーテンのプランとお見積もりを作成しました。


こちらはFEDE(フェデ・フェデポリマーブル)の

KARAN(キャラン)です。

繊細な花柄のトルコの刺繍が綺麗です。


カーテンを始め

インテリアにお詳しいお客様の方々が悩まれた際に

最後にこちらに決定されたことが何回もある

個人的にも縁のある生地です。


再びこの生地をプランに入れることが出来て

とてもうれしく思っています♪。

畳表

今日は畳(たたみ)のお打合せに行ってきました。

こちらもご覧頂いてきましたが違いが分かりますでしょうか?。

左はいわゆる普通のいぐさの畳表(たたみおもて)、

右は樹脂(ポリプロプレン)+カルシウムの新素材です。

見た目も触った感じもよく似ています。



セキスイ MIGUSA


セキスイ MIGUSA

これはセキスイのMIGUSA(美草・みぐさ)ですが

これだけカラーバリエーションがあるので

いぐさの時の緑色だけと比べて

好みの色を見つけることが出来ます。



セキスイ MIGUSA

冒頭でご説明した通り

耐久性・メンテナンス性も高い機能があります。

施工完了しましたらまたご紹介する予定です♪。

ハイクッション

イスの張り替えでもウレタンは使っていますが

こちらはカーペットの下に敷く専用(アンダーレイ)の

ハイクッションです。


お正月明けは店舗スペースも余裕があるので

残りの数量を測るのも楽々です♪。


ハイクッションは

カーペットのアンダーレイとしては

最も一般的なフェルトと比べて

ワンランク上の柔らかさ・踏み心地があります。

おすすめです~。

エクステリアカタログ

今年も本日30日と31日の残り2日。

年内の現場作業は昨日で終えて

お正月中にご覧頂けるように

明日お届けするカタログを下見しています。


残念ながら大掃除までは出来ませんが

簡単な片づけをしながら年末を過ごしていきたいと思います。

フェデ Z-17レール

内装インテリアの施工は明日もありますが

窓周りは今日が年内最後です。

以前はよく使っていましたが最近あまり使うことがなかった

フェデポリマーブル(旧SM工業)のZ-17カーテンレールです。

窓周りにお引越し先からお持ちのカーテンを掛けて新年を迎えて頂けます。

背の張り替え


背の張り替え

2人掛けイス、ダイニングチェアの

背の籐(とう・ラタン)の部分を

人口皮革(ビニールレザー)及び鋲仕上げにしました。

元のように籐で張り替えることもありますし

このように違う生地にすることもよくあります。


お客様宅で座面を取り付けて納品完了になります。

テーブル塗装

テーブル塗装をして納品前です。


当店のテーブル塗装の場合

元のような色合いをご希望の場合が多いですが

今回はホワイトブラウンからミディアムオーク色にしました。


この後お届けして組み立てましたが

テーブルもダイニングチェアや他の家具と

違和感ない雰囲気になりました♪。

今日から戸建ての内装工事に入っています。

カーペット工事からスタートです。

グリッパー工法

畳からカーペットにする工事です。

出来上がった下地の壁際に

グリッパーと呼ばれる

とげのついた板を打ち付けていきます。

グリッパーにカーペットを引っかけるように

固定する施工方法で

グリッパー工法と呼ばれています。



グリッパー工法

グリッパーを打ち終わったら

カーペットのクッション材のフェルト(アンダーレイ)を敷いていきます。


画像がありませんが

この後フェルトの上に

カーペットを敷き詰めて施工完了しました。

遮光1級生地

本日最後のお仕事はカーテンのお打合せでした。

こちらは遮光1級ながら発色の綺麗な生地です。

こちらにそれぞれお選び頂いた

特徴的なレースカーテンを合わせる予定です。

今から出来上がりが楽しみです♪。

ロッキングチェア張り直し

ロッキングチェアです。

揺り椅子とも呼ばれていて

前後へ動くイスです。


施工完了ですが

見た目は全く変わっていません。

座面下のクッション材が傷んでしまっていて

その箇所だけ直しています。

イスの構造上、

そういった修理が出来ないことも多いのですが

こちらは可能でしたので施工致しました。

再びお客様宅でゆらゆら揺られながら

時を刻んでいくと思います♪。
波板切狭

ピンキングはさみを

大きくしたような工具ですが

波板と呼ばれるものをカットするはさみの

波板切狭です。



波板カット

こんな感じで凹凸のある波板を

綺麗にカットすることが出来ます。


台風24号で被害のあった

ベランダの庇(ひさし)の波板を交換しました。

今日は天候にも恵まれて

外現場としてはいい1日でした♪。
内装リフォームの現場ですが本日が施工最終日です。

今回のようにカーテンなど窓周りのものがある場合は

基本的に施工作業のほこりなどで汚れないように

最後に取り付けます。



カーテンレール取り付け

ホームセンターなどでは

伸縮するカーテンレールも売っていますが、

プロはそういったものは基本的に使いません。

窓に合うようにピッタリにカーテンレールをカットします。

現場でカットすることもありますし

今回のように事前に店内でカットすることもあります。



カーテンレール取り付け

ご希望で

和室の鴨居にカーテンレールを取り付けます。


ブラケットと呼ばれる金具をまず取り付けるのですが

あらかじめ鴨居の溝の大きさに合わせて作った

木材を下地にして取り付けています。

この木材はメーカー品ではなく当店でのハンドメイドです。

今回はここが一番のポイントです。



カーテンレール取り付け

ブラケットにカーテンレールをはめ込みます。

天付けダブル(2本)付けです。

今回レースカーテンは取り付けませんが

将来的に必要になるかも知れないとのことでダブル付けです。



カーテン取り付け

カーテンを吊り込み完了です。


遮光1級の生地です。

遮光1級(遮光は1~3級あり、1級が最も性能が高いです)でも

完全に真っ暗にはならなくて

日中ならばこのように生地自体は明るくなります

(完全遮光で全く変わらない生地もあります)。

もちろん事前にご説明してあります。

夜だけお使いの場合はあまり問題ありませんが

日中の使用が想定される場合はご注意頂くポイントです。

先週から入っている内装リフォーム現場、

壁紙(クロス)とクッションフロア(CFシート)が終わり

週が変わって今日からはカーペット張り替えです。

カーペット張り替え

手前側のダークブルー色の

カーペットに張り替えています。


奥側の白い部分はこれからカーペットを敷く箇所です。

カーペットの下のクッション材(アンダーレイ)は

既に交換しています。

通常は紫色のフェルトを使いますが

今回はより弾力性・耐久性に優れているハイクッションです。

イスの座面にも使われているウレタン素材です。


カーペット自体ももちろん大事ですが

カーペットのクッション材を少しいいものを選ぶと

ぐーんと快適性もアップするのでおすすめです♪。